美少女がバイブで連続絶頂

shy468-02

46860-06

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

yamiiro03

 

  

【第5話】
淫具の囁きは同士の囁き

 「さあ、千佳。今夜はここで思いっきり鳴いてもらおうかな」

昼間になると子供の声で賑わう遊具広場も、月明かりに照らし出される無人のそれは、物悲しさを通り越して不気味にさえ思えてくる。

「はうぅぅっ、あぁっ……お兄ちゃん、きついのぉ……バイブが暴れて……ふぁっ、わたし、また……」

千佳はここまでの道すがら、既に2回は絶頂を極めている。
突然歩様が止まり、突き出したヒップをブルブルっとさせたかと思えば、上半身を仰け反らせて嬌声をあげる彼女の姿を、卓造は目撃しているのだ。
そして、3回目がまもなく。

「ふふっ、だったら、もっと暴れさせてあげるね。バイブを」

カチッ……! ヴゥゥーンッ、ヴゥゥーンッ、ヴゥゥーンッ……!

「ひゃぁっ! だめぇっ、きつく……しないでぇ。あうあぅっ、バイブがぁ、中でぇ……も、もうっ……イク、イク……イキますぅぅっっ!!」

和也がリモコンを操作したのだ。
明らかに大きくなったバイブの音ともに、千佳が3度目の絶頂を経験させられる。

ビクン、ビクンと何度も両肩が震えた。
愛液で汚れた内股が、膣肉を嬲り続ける玩具をギュッと絞め付けていた。
桜色の唇が空を見上げて、哀しい声で鳴いた。

「あーぁ、イッちゃった。千佳ったらそんなにオマ○コが気持ちよかったの? ちょっと、はしたなく鳴きすぎだよ。でも、イク時にはイキますって。これだけは褒めてあげる。ちゃんと言えるようになったからね」

「んんっ……は、はぁぁ……だって、お兄ちゃんがそうしろって……んぐぅっ」

次の快感の波が押し寄せてきたのだろう。
千佳は砂地に指先を突き立てると、漏れる吐息を減らそうと唇を噛み締めている。
だが、激しいバイブのうねりに蕩け切った恥肉は、少女の乙女心を嘲笑うかのように淫靡な快感をもたらそうとする。

植え込みの陰からその様子を覗いていた卓造は、ズボンのファスナーを引き下ろし、硬くなったペニスをひたすら擦り上げていた。
間違っても、1カ月前の夜みたいに下着の中での射精はごめんだった。
あの時の惨めさは、今でも忘れられない。

しかし今夜も、中途半端な惨めさは付き纏うことになる。
それまで千佳を見下ろしていた和也だが、不意にその顔を上げたのだ。
全てを知っている。
そんな顔付きで、卓三が潜む植え込みに目を向けたのである。

「佐伯さん。そんな所に隠れてないで、こちらへどうぞ」

「ひ、ひいぃっっ!」

もう少しで放出という時になって、卓造は女のような悲鳴をあげた。
和也に見抜かれていたのだ。

「アナタのことは、何もかも調査済みです。ご自宅のアパートも、勤めていらっしゃる会社のことも。ああ、会社と言えば、2千万の受注は目処がつきましたか? それがないと、リストラ候補とか……くくくくッ」

「な、何がおかしいんだ?! お前のようなお金持ちには……俺の……」

立ち上がり、言い返そうとした卓造の声が尻すぼみになって消えた。
急速に萎え始めた肉棒を両手で隠したまま、棒立ちしている。

(もう、何もかも終わりだ。この男は、俺のことを全部調べ上げたうえで泳がせてたんだ。この1カ月間、ずっと)

絶望の二文字が急速に現実味を帯びてきた。
リストラ……無職……ホームレス……
卓造は自棄になったつもりで二人の元へ歩み寄っていた。
ただし両の手のひらは、股間の前で交差させたままである。

「で、出てきてやったぞ。わ、笑うな……!」

「くくくくっ、申し訳ありません。どうやら僕は佐伯氏の自尊心を傷付けたようです。ですが勘違いしないでくださいね。僕はアナタの心根を知ったうえで、同士に迎え入れたいと思っているんですから」

「ど、同士だって?」

突飛もない和也の答えに、卓造は唾を飛ばして聞き返していた。

「ええ、僕にとってたったひとりの同士にね」

呆けた顔をする卓造を前にして、和也が大きく頷いてみせる。

「俺が、たったひとりの同士……」

希望を失った顔をしていた。希望を失った声をしていた。
だが卓造は感じた。腹の中で蠢き始めた心地よい快楽を。
そして足元では、湧き上がるバイブの刺激に限界を迎えた千佳が、4度目の絶頂を可愛い声で知らせた。



それから10分後。和也から信じられない相談を持ち掛けられた卓造は、夢見心地のままOKサインを送る。
社会の底辺へ転落し始めた営業マンにとって、和也から垂らされた糸は細い蜘蛛の糸ではない。両手でしっかりと握れる太いロープだったのである。

「チカ、佐伯さんがお呼びだよ」

話がまとまり落ち着いたのを見計らったように、和也が千佳に声を掛けた。
一瞬首を上げて、はっとした顔をする少女だが、兄の命令は絶対なのだろう。
紅潮した顔をすぐに伏せると、四つん這いのまま卓造の足元へ移動する。

「か、和也君……お、俺はなにも、そんな……」

全裸の少女が目の前で畏まるのを見て、卓造はうろたえた。

「いいんですよ。佐伯さんは、そのままじっとしていて下さいね。チカ、佐伯さんのを、お前のお口で気持ちよくさせるんだ。できるよね?」

「は、はい……お兄ちゃん……」

(俺のを? お口で? 気持ちよく?)

卓造の脳ミソが、和也が口にした単語を復唱する。
その間にも膝立ちになった千佳によって、股間で揃えられた手のひらが解かれる。

「お嬢ちゃん……いや、そこは……その……」

半立ちのまま垂れ下がるペニスを露わにされて、千佳に負けないほど卓造も赤面していた。
そんな中年男の性器を目の当たりにした少女も、目を潤ませたまま言い様のない憂いを湛えていた。

「失礼します」

けれども、千佳の憂いは数秒で消えた。
氷の目で見下ろす和也に射すくめられたのか、目尻に涙を溜めたまま顔を寄せてきたのである。
卓造の股間へと。

(こんな可愛い少女を、1ヶ月間も自由に出来るなんて……)

ペニスを包み込む柔らかな肉の抱擁に、卓造は10分前に和也と交わした約束事を思い返していた。

 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA