女の子がオナニーを告白

 

shy468-02

46860-15

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

esuka01

第6話 オナニーの方法

「ねえ、オナニーとかはするの?」

「し、しません。そんなハシタナイこと」

「ホントかなぁ。女の子ってさ、年頃になってくると9割近くが経験あるって、何かで読んだことがあるんだけどなぁ。正直に話してくれないと、おじさん、またしゃがみ込んじゃうよぉ」

俺はその後も気付かないように振舞いながら、前にも増して怜菜ちゃんにまとわりついていく。
但し、彼女に覆いかぶさるように立つことを意識したから、おそらく上段からは俺たちの痴態が覗けないはず。

どうするのかな? お嬢さん。

階上から首だけ突き出している人影。
それに目を合わせては、怜菜ちゃんのうなじに向かって囁いた。
ふうぅって、息も吹き掛けてあげた。

「あ、あぁ……あります……」

「なにぃ? 聞こえないよぉ」

「あ、あります。オナニーしたことあります」

「ふ~ん。怜菜ちゃんもしているんだ、オナニー。ねえ、どんな風にやるの。具体的に説明してよ。可愛い女の子がするオナニーって、おじさん興味津々なんだよね」

「ひどい。そんなのあんまりです」

俺の言葉に、怜菜ちゃんの両肩が力をなくした。
首をうなだれたまま、モップが同じところを往復している。
でも従わなくちゃいけないよね。おじさんと約束したもんね。

「ほら早く説明してよ。まずはどのくらいのペースなの?」

「ううぅっ、し、週に一度……くらい……です」

「週一ねぇ……ホントかなぁ。実は毎日オナってんじゃないのぉ? って、まいいか。で、どこでするの? もちろん自分の部屋でだよね」

「うっ! あ、はい……ベッドに寝転んで、夜、寝着けないときなんかに……」

「どんな風に? あっ、もしかして、ローターやバイブなんかも使ったりするの?」

「ゆ、指で……道具とかは怖くて使いません。お、おっぱいを左手で刺激しながら、右手をあそこに這わせて……」

もう、あきらめちゃったのか、早く掃除を終わらせてこの場から逃れたいのか、怜菜ちゃんは素直に答え始めた。
答えながら、滞りがちだったモップが働きだす。
残る階段が7段6段と減り、5段目に突入している。

な~んか、かったるいな。こんな教科書通りの答えを聞いていてもねぇ。
クククッ。上から覗いているお嬢さんもそう思うでしょ。

だから、もう少しハードルを上げてやるよ。

「這わせてどうするの? 指をオマ○コに挿れるの? それとも、クリトリスを弄るの? えっと、その前に、怜菜ちゃんってバージンなの?」

「あっ、えっ……お、おまって……イヤ、もう許して」

俺は禁句の固有名詞を含めた質問を、機関銃のように彼女に浴びせた。
ここが公共の場だって構うもんか。
どうせ誰も気付いちゃいない。

帽子を深めにかぶっているため、男女の区別さえつかない清掃員とスーツ姿の男。
どこから眺めようが、よっぽど意識して見ないと俺たちの不自然さなどわかりゃしない。たったひとりを除いてね。
まあ怜菜ちゃんは、それどころじゃないみたいだけど。

「はあ~、ふ~ぅ……し、処女です。経験なんてありません。それに、指は膣に挿れません。割れ目のお肉をさすりながら、親指のお腹でクリを……イヤ、やっぱり恥ずかしい」

何度も深呼吸を繰り返す。
上体をひねりながら、階段を下りてくる奴がいないかチェックする。
そうして背中に貼り付く俺に向かって、怜菜ちゃんは怜菜ちゃんだけの秘密を答えていった。
でも、しゃべるスピードは速かった。
それは、俺の機関銃質問の3倍の速さだった。

「OK、要するに怜菜ちゃんはまだバージンだから、オナニーするときも処女膜を傷つけないように、指の膣入れはせずにクリトリスと割れ目の刺激だけで、絶頂するってことだよね」

怜菜ちゃんは小さく頷いた。
俺は荒くなる鼻息を抑えて、片眼だけで階段の上を見上げた。

ん。いない! ……となれば。

舐めるような視線が斜め後ろから近づいてくる。
一定速度で下ってくる眼差し。
それは真横から斜め前方へと移り、チラチラと見上げては階下のフロアーに降り立っていた。

カラフルなパステルカラーのワンピース。
まるで地味な作業着姿の怜菜ちゃんに当て付けるかの服装。

ふーん。こちらもかなりのルックスだね。
両者、甲乙付け難いけど、ハナ差決着で怜菜ちゃんかな。

遠巻きに自販機の陰から覗く彼女に、目で合図を送る。
途端、女は目を見開き瞬時に顔色を失った。

この女の性根、試してやるか。

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA