ありさ ブルースネイク  INFORMATION

arisa-top


● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

 

bl01

bl02

bl03

bl04

bl05

bl06

bl07

bl08

bl09

bl010

bl011

bl012

bl013

bl014

bl015

siro

 

 

  【第4話より抜粋】

「構わん。言わせておけばいい。その強気な態度もまもなく失せて、ヒイヒイと泣き喚き俺たちに助けを請うことになる。はっはっは~、それ、やっちまいな!」

リーダーの合図とともに、後方にいた男たちがありさに絡みついてきた。
右側からはゴツゴツとした手がありさの腹部を撫で回した後、手荒に紺色のショートパンツのボタンが外されていく。

「きゃぁ~~~~~!!やめてよ~~~!!」

ボタンを外されたショートパンツはその中身を覆うことができなくなり、内側のパンティが徐々に露出していく。
男たちの視線がありさの下半身に一斉に注がれた。
パンティはコットン素材で色は薄紅色、ポイントに赤いリボンがひとつ施されている。

ありさの後方にいた男がニヤニヤとしながらつぶやいた。

「へっへっへ、皆さん、すみませんね~。オイラが、ありささまのオマ○コタッチ第1号でござ~い!」

男はそういうなり、無遠慮な手を臍の辺りから差込みパンティの中へと忍び込ませてしまった。

 
 
 
arisa_001
 
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
shy.map
 
 
 
 
toukou02

toukou00

toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA