人妻が夫の部下に犯される

hitozuma

紗代 主婦 34才

 

深夜2時。酔っぱらった夫は、会社の部下に連れられて、やっと家に帰ってきた。一人で玄関から上がれない夫を、後輩の男性がリビングまで運ぶ。

「どうもすみません、主人がご迷惑をおかけしまして・・・」

「いえ、こちらこそ、こんな深夜に申し訳ありません。いつも課長には大変お世話になっております・・・」

あまり酔ってない彼をそのまま帰すのも失礼と思い、私はお茶を出してしばらく談笑していた。夫は横のソファで眠っている。

「奥さん、課長を寝室までお連れしましょうか?」

「え、でもそこまでご迷惑は・・・」

「いえ、構いません。さあ、案内してもらえますか」

夫を抱きかかえて、彼は立ち上がった。私は寝室まで先導する。本当はちょっと、そこまで家の奥に入られるのには抵抗があった。

寝室のベッドに横になる夫。もうさっきからずっと眠ったままだ。朝までは起きないだろう。

後輩の男性と一緒に寝室を出ると、いきなり彼は私に抱きついてきた。

「きゃあっ!ちょ、ちょっと・・・何をするんですか?」

もがく私は抱きかかえられ、そのままリビングのソファに運ばれた。そして、無理やりにキスをされる。

「以前にお会いした時から、ずっと奥さんのことが好きだったんです。課長にはこんなきれいで若い奥さんがいて羨ましい・・・」

「お、お願いします・・・やめて・・・」

ガチャガチャッ・・・。

彼はズボンのベルトを外すと、アレを出してきた。そしてソファに座っている私の顔に無理やり押し付けてくる。

滴る我慢汁が、唇にべっとりとまとわりつく。

「ん、んんぅ・・・。なにするん・・・です・・・んぐっ」

彼が腰をぐいぐいと押し付けてきて、私が話をしようと口をあけたときに、アレがすっぽりと中に入ってしまった。

「んふぅっ・・・や、いやあ・・・んんっ」

「奥さん、もう我慢できないんです。ぼくのコレ、気持ち良くしてください」

私の頭を両手でつかむと、口の中に突っ込んだアレを前後にピストンさせる。口腔内に、我慢汁の苦い味が広がる。

「ああ、き、気持ちいい・・・。もっと気持ち良くさせてください。大丈夫、課長は起きてきませんよ」

口からアレが引き抜かれたかと思うと、彼は私の腰まで沈み込み、はいていたスカートと下着を一気に引きずりおろした。

「あっ、だ、だめです!そ、それは絶対・・・!」

ソファで両足を思いっきり開かれ、彼の前でアソコが丸出しになる。彼はその部分をペロリと舐めると、腰を突き出してきて、アレを一気に挿入した。

「いやっ!ほ、本当にダメ・・・。あんっ!・・・んふぅっ!いやあっ!」

「き、気持ちいい。奥さんのアソコ、ぼくのに吸い付いてきますよ・・・おおっ・・・すごい」

夫は寝室から出てくる気配はない。深夜の自宅、リビングのソファで、夫の部下に強姦されている私。助けを呼ぶこともできず、もう彼が早くイッてくれるのを待つしかなかった。

嫌なのに、気持ち悪いのに、私のアソコからは愛液が溢れて、アレの滑りを良くする。そして、だんだんと気持ち良くなってくる。

「・・・ああっ・・・しゅ、主人には絶対に言いません・・・あんっ・・・だから・・・な、中にだけは・・・」

「お、奥さん、もう我慢できない・・・ここまできて、外なんて・・・このまま・・・」

「え、いや!いやよ!・・・ああんっ!・・・だ、だめぇー!」

どくっどくっ・・・。

白い液体が、私の体の中に浸みていく。彼を見ると、獣の目に変わっていた。この一回だけで終わりそうにはなかった。

【人妻が夫の部下に犯される 完】

popo1

この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


133x100

短編の官能小説を公開中。
露出・痴漢・痴女など。

主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。
様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。

惜しくも閉鎖されました

 

 

 

toukou05

toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA