社長秘書がゴルフでパンチラ

hisho

奈津美 OL 29才

 

私の仕事は中堅企業の社長秘書。接待ゴルフのときには、いつもミニスカで一緒にコースを回る。他の人と少し違うのは、見せパンじゃなくて、本物のパンツということくらいだ。

「おおー。ここのパットは、奈津美ちゃんなら入るはずだよ」

取引先の社長が、カップの反対側で嬉しそうに言う。私がこれからしゃがむのを見越して、向こう側に行っているのだ。

接待だから仕方ない・・・。社長に教育されたとおりに、私は芝の目を読むとき、なるべく股間を開き気味にしゃがみこむ。

カップの向こうでは、ニヤニヤしたおじさんたちが集まっている。それにしても、うちの社長までいるのはどういうことだろう。社長に見せるのは仕事じゃないのに。

じつのところ、三十路が近づいてきた私は、社長秘書という花形の部署から異動させられそうになっている。こういう仕事も引き受けないと、飛ばされてしまうのだ。

それに、いろんな人に恥ずかしいところを見られるのは、嫌いじゃない。今日も、なるべく薄めのパンツを穿いてきているので、陰毛が透けているはずだ。

しゃがみこむと、アソコの部分がよれてしわになる。そのしわがアソコの形を強調するようになり、より興奮を誘うのだ。

「うーん。この方向で大丈夫ですかねぇ・・・」

「いいよ、いいよー。でも、もうちょっと芝を読んだほうがいいんじゃないかい?」

私は膝をたてる方向をかえたりしながら、みんなにパンツが見えるように注意する。この接待ゴルフ、もうストリップでもやったほうが早いんじゃないか、と思ってしまうくらいだ。

でも、男性にとっては、日常の中にあるチラリズムが、欲情をかきたてるらしい。だからこんな、面倒なことをしないといけないのだ。

9ホールまわって、昼休憩になった。ドリンクを飲んでいると、社長が寄ってくる。

「今日もがんばってるね。お疲れさん。午後からは何もはかずにやるかい?」

「もう、社長!いい加減にしてくださいね」

そんな会話をしながらも、社長の左手は私のお尻を撫でまわしている。年齢的に、そろそろ社長との男女関係も持たないと、秘書の職も危ういかもしれない。

午後、最初のホール。また私はカップのそばまでボールを寄せた。反対側では取引先のみなさんとうちの社長が注目している。

「あっ・・・!」

誰かが声をあげた。そう、私は社長の言うとおりに、パンツを脱いでおいたのだ。しゃがみこむと、見事にアソコが丸見えになった。

おじさんたちの中には、メールするふりをしながら、携帯をこちらに向けている人もいる。緑の中でアソコを丸出しにし、撮影までされている私。考えるとえっちな気持ちになって、アソコから愛液が浸みだしてきたのが分かった。

この仕事、もうちょっと続けたいと思う。

【社長秘書がゴルフでパンチラ 完】

shachouhisho02

この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

133x100

短編の官能小説を公開中。
露出・痴漢・痴女など。

主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。
様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。

惜しくも閉鎖されました

 

 

 

toukou05

 

toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA