居眠り女子大生に伸びる手

enemulitop

亜紀 大学生 21才

 

通学途中の電車の中、久々に座ることのできた私は、少しでも睡眠不足を解消しようと目を閉じていた。目の前に中年のサラリーマンが向かい合って立っているのに、まだ気付いていない。

私はチェックのミニスカを穿いていた。サラリーマンは折り畳み傘で、そのスカートをゆっくりゆっくりとずらしてきた。

そこで目が覚めて気付いたけど、こわくて動けなかった。しばらく様子をうかがっていたが、周囲は満員で誰もこちらに気付いていない。

もうパンツが見えるというところまでスカートを上げられていた。

(このままじゃやばい・・・でも、動くのもこわい・・・)

もともと内気な性格の私は、その男性の顔を見ることもできず、ただされるがまま。ついにスカートは完全にめくり上げられ、白のパンツが丸見えになった。

太ももにはさまれてしわのできたパンツが恥ずかしい。周囲には、こっちを見てないにしてもたくさんの人達。私はどうにかこの状況から逃げたいと、勇気をふりしぼって手で傘を振り払った。

私が寝ていたと思っていたのか、男性は動揺した様子で、慌てて傘を鞄にしまっていた。私が「この人痴漢です」と言うとでも思ったのかもしれない。

実際の私は怖さが先にきて、何もできなかった。めくられたスカートをぴんと膝に向かって伸ばして、パンツを隠すのが精いっぱいだった。

電車が比較的大きな駅に到着すると、さらに大勢の人が乗ってきた。自然と、私の前の男性も周囲から押される。そして、私に正面から寄りかかる形になった。

「いやっ・・・」

中年の男性に近付かれて、思わず声が出てしまった。その嫌がる様子が、男性に火をつけたらしい。

「何が嫌なの?こういうのが嫌なの・・・?」

男性はそう言いながら、左手でシートを持って体のバランスをとり、右手で私のスカートの中に手を入れてきた。

太ももを這うように、スカートの中をもぞもぞと手が進んでいく。そして、パンツのところまであっという間に到着してしまった。

「汗かいてるのかな?内股が湿ってるよ・・・」

確かに車内は暑くて、内股は蒸れているかもしれない。男性の手はだんだん内股の奥へ奥へと侵入してくる。指がぐにぐにと動いて、まるで生き物のようだ。

「いやぁ・・・、やめてください・・・」

私はかすかな声で男性に訴えるが、聞いてくれるわけがなかった。すっかり股の間に入り込んだ手は、布ごしに私のアソコを触ってくる。

「パンツ越しでも、君のかたちがよく分かるよ」

私のかたち・・・どういう意味かはすぐに理解できた。男性の手は器用にクリトリスを刺激してきた。

「・・・あんっ・・・い、いや・・・」

思わず声が出てしまう。指はいつの間にか、布の横から侵入して、直接アソコに当たっていた。陰唇をよりわけながら、中にまで入り込んでくる。

「けっこう毛が生えてるんだね。中はぬるぬるしてるよ・・・感じてるのかな?」

耳元でささやかれながら、アソコを刺激される。私の気持ちとは裏腹に、愛液がにじみ出てきているのが分かる。

スカートの中に手が潜り込んでいるところは、ちょうど死角になっていて誰にも見えない。男性はそれをいいことにますます刺激を強めてくる。アソコの中を絶妙な力加減で触り続けてくる。

「ん・・・ぁっ!・・・いやぁ・・・あんっ・・・」

次の駅に到着した。男性は、そっと指を抜き出すと、私の目の前にもってきた。愛液でべとべとになって糸を引いていた。

「また会ったら、もっと気持ち良くしてあげるよ」

そう言うと、男性はその駅で降りていった。

【居眠り女子大生に伸びる手 完】

enemuli

この作品は、ポポの手帖 赤城ポポ様から投稿していただきました。
  尚、著作権は、ポポの手帖 赤城ポポ様に属しております。
  無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。


133x100

短編の官能小説を公開中。
露出・痴漢・痴女など。

主婦、女教師、OL、女子大生、それに女子高生。
様々なタイプの女性たちがエッチに身悶えます。

惜しくも閉鎖されました

 
 
 
 
toukou05
 
toukou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA