仮面の女  病気

kamentop

【第11話】


道代は生まれたままの全裸で自宅から病院に向かって歩いていく。
(見られたい。このヌードを!)あれほどいやだったのが快感に変わっていた。
道代は夜間用ドアから宿直室に歩いていくと「理事長!」道代の姿を始めてみる宿直医は驚いている。
「驚かなくていいよ。妻が裸を見てもらいたくて仕方がないんだ。一種の病気だ、君も、妻の裸をよく見てくれないか!」黒川が言うと「わかりました。治療ですね」じっと道代の乳房と淫裂を見ていく。
「ここをじっくり見て下さい」道代が両手で淫裂を広げると無毛の淫裂がパックリと開いている。
「す、すごい!」宿直医の股間が大きく膨らんでいる。
「見ながらしても良いわよ」股間のチャックを下げて肉竿を取り出す道代だ。
「オッパイを揉みなが出して…」道代は勃起した肉竿を擦り出す。


 
「いいんですか?」「いいよ。治療だ!」「それじゃあ、遠慮なく」道代の両乳房を掴み、揉んでいく。
「いいわ、いいわ!」
「僕もいいです。院長、申し訳ありません」
「気にするな、出しても良いんだぞ」
「院長、あそこも触らせて下さい。もう、我慢できません」
「どうする道代?」
「いいわよ。触って下さい」潤んだ目で道代が言うと「すみませんね」
道代は乳房と淫裂を触られていく。
(いいわ。気持ちいい)淫裂からは淫汁が太股まで流れて、宿直医の方も道代の手で爆発した。
「でるー!」道代の腹部めがけて精液が噴射した。
「気持ちよかったかしら?」
「ええ、最高です。オナニーより良いです」萎縮していく肉竿をしまい込んでいく宿直医だ。
その後、道代は看護婦の詰め所に向かった。
「お、お嬢さん!」今日の当直はトメと知美だった。
「トメさん。見て欲しいの、私が夫とする姿を」道代は看護婦用の仮眠
ベッドに四つん這いになっていく。
「トメさん、道代は見せたがる病気があるんだ。治療のためにやらせているんだ」黒川も衣服を脱ぎ、全裸になると道代の腰をしっかり押さえ背後から肉竿を挿入した。
「み、見て。しているところを見て!」悶えながら叫ぶ道代だ。
「ピシャ、ピシャ!」股間のぶつかる音が部屋に響いていく。
トメと知美は乳房を揺らせながら悶えている道代を黙って見ている。
(無理もないわ。まだ若いのに理事長だから心労も大変なんだわ)トメは勘違いしていた。


 
「お嬢さん、もっと乱れて早くよくなって下さい」トメは屈んで道代の垂れ下がった乳房を揉んでいく。
「いいわ、いいわ!」淫汁が流れ出てシーツを濡らせている。
「いく、いくわ!」「俺もだ!」道代の淫裂から白い液体が流れ出ている。
「よかったわ。すごかったわ!」荒い呼吸をしながら俯せになっている道代に「お嬢さん、早くよくなって下さいよ!」お尻を撫でていくトメだ。
「気持ちいいわ。トメさん!」快感が襲っている。
「黒川さん、もう帰った方がいいわ。入院患者に見られたら大変よ。経営もうまく行かなくなるわよ!」
「そうですよね。今夜は帰りますか!」黒川は道代と一緒に自宅に帰った。
翌朝、道代と黒川は一緒に自宅から病院に向かっていた。
「おはようございます!」「おはよう!」道代は理事長として振る舞っている。
病院でも黒川を従えて歩いている。
「理事長、お客様がお待ちです」新しい事務長が声をかけた。
「院長、後を頼みます!」
「わかりました理事長!」黒川は頭を下げ、道代は黒川を残して事務長と一緒に応接室に入っていった。
しかし、道代は自宅に戻るといつものように豹変してる。
「お願いだから、私をヌードにさせて…」黒川にねだっていた。
「だったら、脱ぐんだ、素っ裸になれ!」
「は、はい。脱ぎます」道代は生まれたままの姿になっていく。
そして、病院で裸を晒すのが日課になっていた。
道代は『昼は理事長』『夜は露出女』と二つの仮面を使い分けていた。
今夜も道代は病院の中を生まれたままの姿で歩いている。
それは黒川の指示か、自分から望んだ事なのかはわからなかった。

【仮面の女 完】

kamen12

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu00

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA