仮面の女  知略

kamentop

【第7話】


翌朝、道代は宿直明けで自宅に戻るとなにやら料理を作っていく。
「どうしたの道代?」今までと違う道代に驚く道子は(好きな人ができたのかしら?)考えをめぐらしている。
「お母さん、ちょっと出かけてくるわ」道代は作った料理を箱に詰めて黒川の所に行った。
「話があるの。黒川さん!」
「ちょっとだけならいいよ」二人は話し合い「わかった。明日の午後だな」「それに、これを食べて欲しいの」箱を差し出す。
「悪いな、喜んでもらうよ」(こいつ、俺に惚れたな!)うぬぼれる黒川だが(ふん、後でしごいてやるからね)対照的な二人だ。
そして、昼休みになった。
「あら、黒川先生、手料理を食べてる!」看護婦が驚いていた。
「それ、もしかして、院長先生の手作り?」
「ピン、ポーン!」「うそー!」驚きの看護婦達だ。
このことは一瞬にして病院の中を駆けめぐっていくが「嘘よ。そんなの」
信じようとしない靖子と知美だった。
「聞いてみようよ」「そうね、確かめた方がいいわ」二人は直接確かめることにした。
道代が夜勤に整え昼寝をしていると「道代、時間よ」母の道子に起こされ、病院に向かう。
すると「先生!」宿直室に入るなり靖子と知美が入ってきた。
(やっぱり来たわね)「どうしたの、二人して」
「聞きたいことがあります。黒川さんとの事です」
「本当に好きなんですか?」二人は真剣な顔になっていた。
「私は子供を産まないといけないの。だから黒川さんを選んだの。でもあなた達が嫌いじゃないのよ。今でも好きよ」着ていた白衣を脱いでいくと下着を着てないので乳房と淫裂が丸見えだ。
「いらっしゃい、欲しいでしょう?」
「ええ、欲しい!」
道代はベッドに仰向けになって二人に乳房と淫裂を撫でられ「お願い、分かって頂戴。赤ちゃんを産まないといけないの。この病院を守るために」
「わかった。でも、いつまでもこうしていたい!」淫裂に指を入れられた道代は腰を浮かせながら「いいわよ。いつまでも」途切れ途切れにやっと言えた。
靖子と知美は交代しながら道代の乳房と淫裂を愛撫して「あん、あん!」
二人の愛撫に道代の淫裂から淫汁が流しながらも(次は黒川の番ね)次の策をめぐらしている。
そして、無事に夜勤を終え、今日は土曜なので午前で仕事が終わりだ。
道代は夜勤を終えると自宅に戻って風呂に入り、丁寧に体を洗っていく。
(うまく妊娠しないと)考えをめぐらせている。


 
そして、午後に黒川が現れた。
「あら、黒川さん。あがって」
「いいえ、ここでいいです!」照れる黒川だ。
「お母さん行って来るわ。遅くなるかも知れないから」
「み、道代!」母の言葉を遮って走っていった。
「もしかして、道代は…!」心配そうな道子だが、そんな事とは知らず黒川は上機嫌だった。
二人は黒川の車でドライブし「あら、ラブホテルだわ。欲しいでしょう、しばらくしてないから」
わざとらしく誘っていく。
「ああ、一発やるか!」車は方向を変えてラブホテルに入った。
ラブホテルに入ると二人は生まれたままの姿で抱き合い「あ、あ、あー!」喘ぎながら騎上位で腰を振っていく。
「今日は凄いな。もうすぐ出るぞ」乳房を揉みながら肉竿を淫裂に吸い込まれていく。
(ここは本気で勝負しないと)腰の動きを早めると、それにはたまらず「でる、でる!」黒川が爆発した。
「暖かい、膣の中が暖かい」動きを止めて股間同士を密着させている。
やがて、ポタリ、ポタリと淫裂から白い液体が流れ出ていくが(今が勝負だわ!)道代は馬乗りから隣に寝た。


 
「私、産むわ、あなたの子を」
「えー。嘘だろう!」
「ホントよ、産むわよ」信じられないと言った顔の黒川だ。
「だから、もっとして欲しいの」萎縮している肉竿を口に迎え入れて唇で擦り出す。
「あ、あー!」(道代がフェラをしてる…。気持ちいい!)萎縮していた肉竿が口の中で膨らんでいく。
「わかった。産めよ。そのかわりもっとやらせろ!」
「いいわよ、私にいっぱい出して!」道代は四つん這いになって後ろから黒川に抱かれていた。
「いく、いく!」髪の毛を振り乱しながら悶える道代に「でる、でる!」再び肉竿が噴射した。
「ハア、ハア!」荒い息づかいで休んでいるが、この日に黒川の子を宿した。
ラブホテルを出ると道代の屋敷に戻り「あがって!」道代に連れられ屋敷にあがっていく。
そして母の道子に説明していく。
「あなたが選んだ人だから何も言えないわよ」
「そうだな、黒川君なら病院も安心して任せられる」鉄也も賛成した。


 
(病院が俺の手に!)今まで思いもつかない事が現実になろうとしていた。
(ばかね、子供が産まれれば、あんたは用なしよ)笑顔だが道代は心の中でそう思っていた。
道代はそれ以来、辱めを受けずに済んだ。
「ぬげ、裸を見せろ!」原田が脅すが「約束だろう、道代は俺の物だ!」割って入る黒川だ。
「しかたないな。そのかわり病院は俺がもらうからな」原田の言葉に(ここは俺がもらうんだ。お前になんかやれるか!)次第に溝ができていく。
(うまくいったわ。産んだらあんたをただで使ってやるから)道代の計画したとおりに進み、同時に道代のお腹も膨らんでいる。
そんな二人に「早く籍を入れないと!」せかす道代に「わかったわ」とりあえず籍を入れ、形ばかりの式を挙げ、黒川が道代の家で暮らすようになった。
すると、不思議なことに父の鉄也が元気になっていく。
「わしも病院に行かないと」出産を控えた道代が休養すると入れ替わって病院の経営に当たった。
それには「くそー。目障りだ!」快く思わない原田だ。

kamen5

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA