仮面の女  帰郷

kamentop

【第1話】
 

「はい、薬をだしておくからね。体を大切にするのよ」
「先生、ありがとうございました」狭い診察室から初老の男性が出ていく。
「先生、今日はこれで終わりです」看護婦が話しかけると「これで終わりね!」ホッとして体を伸ばす道代だ。
「先生、本当にここを辞めるんですか?
「本当よ、お父さんが年だから後を継ぐの」
「もったいないわ。先生だったら内科医長にもなれるのに」
「そんなに言わないで、未練が残るわ」道代は診察室から出ていった。
「今月一杯で終わりか!」呟くように言いながら廊下を歩いてると「小柳先生、聞きましたよ。今月で辞めるんですってね」話しかけたのは同僚の医師だ。
「ええ、そうなの。後はあなた達が守ってよ」
「分かりました。でも寂しいですね。名物の美人女医が消えるなんて」
「あら、美人かしら。一度もデートに誘われたことも無かったし」
「皆が遠慮してたんですよ。断られるのが怖くて」言い訳ををしている同僚だ。
そして、冬の終わりを告げる4月の東京駅の新幹線ホームに道代がいた。
「列車が参ります。白線までお下がり下さい」放送が繰り返される。
「これで、お別れね」小さなバッグを手に持ち、列車がホームに入ってきた。
「キー!」ブレーキが掛かり停止し、それと同時にドアが開いていく。
道代は他の乗客に押されるようにして乗り込んでいく。
「この席ね」バックを網棚に乗せてから座った。
「プルプルプル!」ホームのベルが鳴り、それに合わせてホームから列車が滑るように走っていく。
列車は徐々にスピードが上がって、時速が250キロを越えている。
「お父さんとは久しぶりだわ」期待を膨らませる道代だった。
道代は2時間後、新幹線を降りてタクシーを拾っていた。
「城南町の小柳病院よ。わかる?」
「私は20年やってますよ。この町の事なら知ってますから」
「そう、安心したわ」タクシーは町中を走り、住宅街が並ぶ道を走っていった。
「もうすぐですよ、お客さん!」
(わかってるわよ。そんなこと)正面に病院が見えている。
「そっちじゃないの。左の家よ!」
「あそこは院長さんの自宅ですよ。もしや、お嬢さんの道代さんでは?」
「そうよ、院長の娘よ」
「失礼しました」タクシーが玄関に横付けされた。
「ありがとう。これでいいかしら?」
「はい、結構です」道代は現金でなくタクシー券を渡した。
それは空白になっていて運転手が好きな数字が書ける。
小柳病院が接待用に業者と契約したタクシー券だった。
タクシーを降りた道代は玄関を開けて家の中に入り「ただいま、道代よ!」
その声に奥から足音が聞こえてきた。
「道代!」「母さん、元気?」「私は元気だけど、お父さんがね」力無く応える母親の道子だ。
「私が戻ったから安心してよ」
「そうよね、道代が戻ったから安心だわ」二人が奥に入ると「道代か!」
布団に横になっていた老人が起きあがった。
「お父さん、ただいま。戻ってきました」
「そうか、戻ってきたか」涙ぐむ父親の鉄也で、道代は久しぶりに両親と話しあった。

 

翌朝、道代は白衣を着込んでいた。
「お母さん、行って来るわね」
「頼んだよ、道代!」笑顔の道代を心配そうに見送る道子だ。
「おはようございます!」元気よく挨拶したが「あんた、だあれ?」看護婦が聞き返してくる。
「小柳道代です。ここの医師で勤務する事になりました」
「あ、あー。院長の娘さんなの?」
「はい、内科医です。外科免許も持ってますが得意は内科です」その言葉に看護婦達が集まってきた。
「新しい先生ですか、美人なんですね」
「綺麗だわ、うらやましい。オッパイはCですか、Dですか?」
「彼氏、いますか?」質問が矢のように飛んできた。
「ハイ。そこまでよ。仕事があるでしょう」その言葉にクモの巣を散らすように散っていく。
「お嬢さん、私わかる?」中年の看護婦が話し掛けてくる。
「知ってるわよ、トメさんでしょう?」
「そうよ、トメよ」
「懐かしいわ。トメさん!」
「それよりも仕事よ、お嬢さん」道代はトメの案内で病院を回り、内科医として働いていた。

 

患者も最初は戸惑っていた。
「はい、おばあちゃん。しっかり休むのよ。無理しちゃだめだからね」
「わかったわ、お嬢さん!」鉄也の娘と知ると患者は皆が素直に言うことを聞いていた。
病院の看護婦や医師達は道代を暖か迎えたが、温かい目ですべてが見てはいなかった。
「やりにくくなったな」
「そうですよ、計画を練り直さないとだめですね」二人は小さな声でヒソヒソと話し合っていた。
「あの、惚けた親父に、娘へ悪さをさせればなんとかなるでしょうね」
「できるかな。そんなこと」
「幻覚剤と催眠を掛ければやるかも知れませんよ」
「そうだな、君の専門だよな。それに失敗しても証拠が残らないしな」
二人は笑い出した。
そんな企みがあるとは知らない道代は初日に診療を無事に終えていた。
「先生、コーヒーをどうぞ」
「ありがとう」
「先生、恋人いるんでしょう?」
「それがいないのよ」
「嘘でしょう。その体のスタイルと顔でしょう、男が放っておかないはずよ」
「本当にいないの、いい人いたら紹介してよ」看護婦と世間話をしていた。
「先生、急患です。救急車で運ばれてきます。外科の先生が急用で帰り、先生しかいません!」
婦長のトメが道代に告げた。
「わかった。私は外科もできるし、やるわ!」再び気合いを入れる道代だ。
遠くから「ピーポー、ピイーポ!」と救急車の音が聞こえてくる。
「いくわよ!」看護婦達と救急用窓口に向かった。


窓口で暫く待つと赤色灯を点滅した救急車が入ってきた。
隊員が手際よく、ストレッチャーを下ろした。
「CT室よ、脈と呼吸がしっかりしてる。脳が心配だわ」道代は赤らんだ顔に気がかりだった。
青ざめた顔なら脳の心配はないが、赤いという事は脳内出血の恐れがあるからだ。
患者を看護婦がCT室に運んでいく。
「頭がこっちよ!」指示していく道代だ。
そして、爆射音がして脳のCT画像がモニターに出た。
「内出血よ。右側頭部が出血している。手術の用意よ!」看護婦に指示した。
「家族の方はいないの?」救急隊員に尋ねた。
「こちらです」まだ若い男性が呼ばれた。
「脳内出血なの、急がないとだめなの。手術に同意して欲しいの」
「はい。同意します。かならず、お母さんを助けて下さい」若い男性は体を震わせている。
「任せて、必ずたすけるから!」青年は看護婦に連れられていった。
「準備できました。血液も用意できました。それに、センターにも非常用を待機させてます」
「よし、やるわよ。オペ開始!」



道代は無影灯が煌々と照らされた手術室で叫んだ。
「メス!」看護婦が手渡し、メスは剃毛された頭を切っていく。
血が吹き出し、手術服を真っ赤な血が汚していく。
「かなり出血してる。脈と呼吸は?」
「脈は55、呼吸は15です。正常です」メスは更に切っていく。
(ここだわ、血管が切れてる!)道代は「鉗子!」血管を押さえ、接合していく。
(凄い腕前だわ、外科医長よりも勝っているかも)看護婦達はそんな目で見ている。
血管が繋がった。
「脳の血が引いていきます」(終わった!)切った皮膚を縫いだした。
「オペ終了!」道代の服には血がべっとりと着いていた。
患者は頭に包帯が巻かれて病室にはこばれていく。
「先生、見直したわ。すごい腕前のうえ、美人なんだもん!」若い看護婦が話しかけてきた。
「ありがとう、ほめてくれて」看護婦達を尻目に道代は親の待つ自宅に向かった。

kamen3

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA