放課後の憂鬱 第11章 翻弄(4)

houkago

【第11章(4)】

 

その慌てた様子や体をくねらせる情景は本当に監禁され、これから酷いことをされる女そのものに写った。
ビデオカメラを持った伊藤は、藍の股間にカメラを近づけ撮影している。

「だ、だめっ! 見ないで! 撮らないでよぉ・・」

藍は泣きながらそう訴えたが、伊藤は聞き入れず、無言で撮り続けた。

「さ、そろそろいいぞ!」

高科の合図で、さちとゆうこが藍の足元に近づいてきた。手にはロープを持っている。
さちとゆうこはそれぞれ藍の両足を押さえ付けると、足首にすばやくロープを結びつけた。そしてその反対側を引っ張っていった。
藍の閉じていた足はロープに引かれ、伸びきって、その上大きく開かれていた。

「あぁぁぁっ! いやっ!」

藍は足の自由も奪われてしまった。いや、横を向いたり俯せになって、身体の前を隠すことさえできなくなってしまった。

さちとゆうこはロープを柱に結び付けた。そしてさちが藍の大きく開かれた両足の中央に立っていた。

「・・・なに・・するの?」

藍は自分を、足の方からじっと見ているさちに尋ねた。

「藍、これじゃはずかしいよね。大事なとこ、はみだしそう・・」

そう言うとさちは藍のレオタードの股の部分を引っ張り上げ、さらに食い込ませた。

「・・ああぁぁっ!」

すぐに伊藤は藍の股間に接近し撮影していた。

「や、やだっ! 見ないでよぉ。やめてぇぇぇぇ!」
「るっさいわねぇ。いいかげんにカマトトぶるの、やめてよ! ほんとはされたいくせに!」
「そ、そんなことないよぉ! やめてったら・・あっ!」

さちは藍のレオタードから浮き出ているク○○○スを爪でなぞった。
藍は全身に震えが走り、声を出していた。

「あぁっ! やっ、やめっ・・あぁ!」

藍ははじめ体を捩り、さちの攻撃をかわそうとしていた。
苦痛だった。自分の身体の、最も繊細に感じる部分への、おぞましい程の刺激だった・・・が、オナニーの時の快感に似ていた。

藍にはその区別が、だんだんと付かなくなっていた。
藍の身体は、次第に抵抗する力を失っていった。

「ほら、やっぱりして欲しいんじゃん。ゆうこもやりなよ、おもしろいよ。」
「うん!」

今度はゆうこが藍の横にやってきて、レオタードの上から藍の乳首を摘んだ。

「・・うっ!」

藍は乳首とク○○○スを同時にいじられ、その刺激で何がなんだかわからなくなっていた。
藍が身体を、いやらしくくねらせている。

「た、たまんねーよっ!」

吉田はそう言うと自分の股間を押さえている。

藍のレオタードの股の部分が湿り、色が変わってきた。

「やだっ、藍ったら、濡らしてるじゃん。」
「どれどれ、あ、ほんとだ。やらしー」

さちとゆうこは藍の濡れた部分をおもしろがって刺激した。

hou09

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA