放課後の憂鬱 第11章 翻弄(2)

houkago

【第11章(2)】

 

藍がレオタードを引っ張るにつれ、太ももの両脇がストライプに引かれて、少しずつ露わになってきた。

「藍ったらぁ、なぁにグズグズしてんのよぉ・・このままじゃ、遅くなっちゃうよ。手伝ってあげるね。」

ゆうこが見かねたように言った。そして藍を助けるように手を出すと、レオタードの、片方の肩の部分をしっかりと掴んだ。

「さち、さちも手伝ってくれる? あっ、藍はそのまま膝をついて。」

藍が膝をついてしゃがみ込むと、さちとゆうこが両側からレオタードを引っ張り上げた。

「いいぃっっ・・・いたいよぉ・・」

藍が悲鳴を上げるのに構わず、二人は藍の手を取ってレオタードに通してしまった。
そして二人で藍を助け起こした。

「あぁ・・いたい・・・なに、これ?・・こんなの・・いやっ!」

藍の予想通り、そのレオタードは何も着ていないのと同じ、いやそれ以上だった。
オレンジ色の生地は限界以上に引き伸ばされて、ほとんど透明と言えるくらいに色が薄くなっていた。

両脇のストライプに足の付け根のゴムが引かれ、前はいわゆる「ハイレッグ」を形作っていた。鋭い「V」の字になっていた。両脇の部分は腰骨をはるかに超えて、臍よりも上まで露出していた。
股間の部分も伸びきって平たい紐のようになり、恥丘の半分ほどがはみ出していた。その紐は藍の股間に深々とくい込んでいた。

そして股間を走る割れ目は、まるでガラスに押し付けられたようにへしゃげられ、僅かに開かされていて、陰毛を失ったク○○○スの頭が見えていた。
胸もレオタードに押さえ付けられ、平たくなった真ん中で乳首の部分が微かに盛り上がっている。

小さすぎるレオタードは伸びきって、藍の身体に貼り付き、くい込み、締め上げていた。それは藍以外の誰にとっても、妙にいやらしく、そして官能的だった。

「よし。それじゃ藍ちゃん、台本の確認と行こう。」

高科は藍に台本のページを開き、手渡した。

「ごめんな、藍ちゃん。リアリティ出すのに台本見せなくて。ここまではこれで終わった。今度はここからだ。」

高科の指差す部分を藍は読み始めた。そしてその内容に驚いた。

「こ、これって・・」

主人公は手錠をかけられ監禁されている。そこに看守が現れ、抵抗できない主人公を好きなように辱める。主人公ははじめ抵抗するが、次第に快感に身を委ねて行く。そして何人もの看守に弄ばれてしまう・・

「こ、こんなの、できません!」

そこまで読んだ藍が、思わず叫んだ。すると高科が呆れた様子で言った。

「藍ちゃん、また‘できません’か。それは通用しないんだって。わかってるだろ?」
「・・・だって・・」

藍は涙目になって訴えたが、高科は気にせず続けた。

hou09

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA