放課後の憂鬱 第10章 陥穽(6)

houkago

【第10章(6)】

 

もう一度藍はみんなを見回した。さっきよりも雰囲気が殺気立っていた。このままでは・・・ナニをされるか分からない。藍の顔が、泣きそうに歪んだ。
その時、ゆうこが声をかけてきた。

「そうよ、藍。ここで裏切ったら、もう仲間じゃないから。どんなコトが起こっても、藍のせいだからね。」
「・・・わかった。着替えるから・・へんなこと・・しないで・・」

とうとう藍が言った。覚悟を決めるしかなかった。あの写真をばらまかれるだけでなく、ここから帰してくれそうになかった。

(さちもゆうこも・・先輩もいる。まさかここで・・)

そう思う反面、着替えなかったら無事で済まない予感に怯えた。

藍は手に持っていたレオタードを、もう一度見てみた。裏地も、胸パットもなかった。いや、それが取り去られた跡があった。
それを着ると、下着も無しでそのレオタードを着るとどうなるか、すぐに想像できた。

藍はレオタードから手を離すと、泣きそうな顔を高科に向けた。しかし高科は頷いているだけだった。
それが「藍、頑張れ!」と言っているように見えた。そう思うしかなかった。

そのとき、さちが照明の中に入ってきた。ニコッと微笑むと「はいっ!」と手を差し出した。
重苦しい雰囲気の中で見た笑顔に、救われる気がした。藍はその笑顔につられるように、ブラウスを渡した。
さちは、ブラウスを受け取ると、すぐに照明の外へ消えた。その時、机の上からレオタードを一緒に持っていってしまった。

もう藍は、みんなに言われるまま、脱ぐしかなくなった。
それでもしばらく、両手で胸を覆ったままグズグズと立ちつくすだけだった。

が、高科から「さあっ!」ともう一度声をかけられると、おずおずと片手を下ろした。そしてスカートのファスナーを下ろし、ホックをはずした。
パサッという音とともにスカートが床に落ち、藍は下着姿になった。

「おおっ!」

吉田たちが歓声を上げた。藍はその声が耐えられなかった。耐えられないほど恥ずかしかった。片手を胸に、もう一方の手でをパンティの前にしっかりと当てていた。
身体が震えていた。

「さ、ブラを取って。」

高科が容赦なく言った。
そう言われると、藍は辛そうに背中に手を持っていき、ブラのホックを外した。そして手で胸を隠したまま、片方ずつ腕からブラを抜き取った。

さちが再び近寄ると、スカートとブラを取りあげ、持ち去った。

「両手をどけてくんないかなぁ・・・それじゃ撮影がすすまないんだ!」
吉田が、苛立った声で言った。

「い、いや・・・できない」
藍は、小さな声で答えるだけだった。

「それじゃあ藍ちゃん、約束がちがうぞ・・・」
吉田が言いかけるのを、高科が押さえた。

「いや、藍ちゃんならやってくれるよ。ね、藍ちゃん、約束破るようなこと、しないよね?」

hou014

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA