放課後の憂鬱 第10章 陥穽(2)

houkago

【第10章(2)】

 

伊藤はカメラを覗き込んでしきりに調整している。

「う~ん、OKです。」

伊藤の返事を聞くと、高科が藍に声をかけた。

「さぁ、藍ちゃん、そろそろ着替えてもらおうか。」
「えっ? 着替えるんですか?」

藍は朝、高科と会った時に「制服のままでいい」と言われていたので、怪訝な面持ちで聞き返した。

「うん。着替えてね。」
「・・はい。わかりました。じゃあ、着替えてきます。」

藍は解せなかったが、素直にそう返事をした。

(更衣室に行って来なくちゃ・・・)
(あっ、その前に教室から体操服とって来なくっちゃ・・・)

藍は、最初から言ってくれればいいのに・・と思いながら、歩き出そうとした。
その時、ゆうこが呼び止めた。

「ちょっと、藍ってば。どこ行くの?」
「えっ? 更衣室に・・・」
「行かなくていいわよ。」
「だって、着替えろって・・」
「更衣室じゃなくってぇ・・ここで、着替えるの。」

「・・ここで?」
「そう。ここで、よ。みんなの前で、着替えることになってるの。」
「そんな!?」

藍は戸惑ってしまった。ゆうこの言う意味が分からなかった。
すると、今度はさちが寄ってきて話しかけた。

「藍が休んでる間にね、また台本変わったの。今日はね、主人公が捕えられて、囚人服に着替えさせられるトコロ、撮ることになってるの。」

ゆうこが更に続けた。

「相談できなくって悪かったけど、藍ったら学校来なかったから。それでねぇ、看守役と区別するためにさ、体操服じゃなくってぇ・・・これに着替えて欲しいんだけど。」

そう言って藍に、紙袋を手渡した。

「・・これって?・・」

藍は袋の中を取り出すと、目の前に広げてみた。光沢のあるオレンジ色のレオタードだった。手にとってみると、ゴムのように伸縮性のある、かなり薄い生地でできていた。

藍は慌てて高科に言った。

「ここでって・・そんなの・・いやです。できません!」

高科が急に険しい顔をみせた。声も低くなっている。

「なに、出来ないって?・・・困るなぁ。二日も休まれて、ただでさえ時間ないのに・・・そのうえわがまま言われちゃなぁ・・」
「わがままって・・・そんな!」
「だってわがままじゃないか! ここまで撮ってきて、今更出来ないなんて言われたら・・俺たち頑張ってきたの水の泡なんだぜ? 違う?」
「で、でも・・ここで着替えるなんて・・」

すると、横から吉田が口を出した。

「藍ちゃんが恥ずかしいってのはわかるけどさぁ。藍ちゃんはもうそんな事、言えないんじゃないかなぁ。まぁどうしてもいやだって言うなら、こっちにも考えがあるけどね。」

藍は高科が怖い顔になったまま黙っているのと、吉田のいう「考え」がどんな考えなのかわからず、ますます不安になった。

hou018

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA