放課後の憂鬱 第10章 陥穽(1)

houkago

【第10章(1)】

 

みんなが撮影の準備に取り掛かっている中、藍はまだキスの余韻に浸り、ボーっとしていた。

「藍、藍ったらぁ! ボケッとしてないで手伝ってよ!」

ゆうこがぼんやり立っている藍に言った。

「・・あっ! ごめん・・」

藍は慌ててみんなに混じって、準備を手伝い始めた。
手伝いながら、藍はゆうこをちらっと見た。ゆうこは何事もなかったかのように作業している。
吉田もゆうこと同じように準備をしている。

藍は二人が抱き合っていた光景を思い出していた。

(・・そうかぁ・・吉田君とゆうこ、付き合ってるんだ。なんか・・いいなぁ)

藍はまだ特定の男性と、同じ年頃の男性と親しく付き合ったことはなかった。
仕事と学校を忙しく行ったり来たりしているのだから、それは仕方のないことだった。しかし藍の年頃で「彼氏」が欲しいと思うのは当然だった。
だから藍は、吉田とゆうこのことを考えると、羨ましくて仕方なかった。

藍はキスをされたことで、ますます高科のことが気になっていた。いや、好きになっていた。
準備を手伝いながら、今度は高科の方を見た。その時、高科も藍を見ていた。
藍は高科と目が合ったのが急に恥ずかしくなり、目を背けた。しかし、すぐにまた高科を見た。
すると高科は、まだ藍のことを見ていた。

(・・・先輩とまた目が合っちゃった・・もしかしたら・・ずっと見てる?)

高科が藍の方へ、さりげなくやってきた。そして、藍の頭をこつんと叩くと、
「ちゃんとやってるかぁ?」と微笑みながら言った。

「や、やってますよぉ。」
藍がそう答えると、高科はウインクして見せた。
それを見て、藍は嬉しくなった。

(もしかしたら、先輩もあたしのこと・・)

「先輩!OKっす!」

吉田が高科に言うと、教室の蛍光灯が消され、代わりに撮影用の照明が点けられた。

「よーし、じゃあ始めるか。伊藤はカメラ、吉田はこっちで俺のサブ・・」

高科の指示でみんな位置につき始めた。

照明の消された部室は薄暗い。部室の窓は全て暗幕で遮断されていた。が、撮影用の照明が当たる部分は異常に明るかった。
床の半分は体育のときに使う、灰色のカバーを被せた弾力のある厚いウレタンマットが敷かれていた。それを先程組み立てたセットが3方から取り囲み、灰色の壁のようだった。
まるでその部分は監獄か、取調室のような雰囲気だった。撮影用の照明が、その部分に強烈な光を投げかけていた。

藍が部屋を見回すと、さっきまでの明るい雰囲気が一変しているので、胸がドキドキしてきた。得体の知れない不安が湧き上がってきた。

「藍ちゃんは・・・」
高科が藍の方を見て言うと、藍はすぐに返事をした。

「はい・・」
「まず、ここに立って。照明と音の確認だ。伊藤、どうだ?」

藍は高科の指示された場所に立った。
セットの中央だった。あちらこちらから照明に照らされ、眩しかった。照明の外にいる高科達が、よく見えなかった。

hou018

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA