放課後の憂鬱 第9章 初めてのキス(7)

houkago

【第9章(7)】

 

「・・・あ~あ、それにしてもやりすぎだな。学校の中であそこまでしちゃあまずいよなぁ。なぁ、藍ちゃん?」

高科はそう藍に振ると、ここから覗いてみろ、というしぐさで藍を扉の隙間から中を覗かせようとした。
藍はそれに誘われるように再び中を覗き込んだ。
中では吉田とゆうこが全裸で抱き合い、キスしている。

(あぁ、あんなこと・・してる・・)

藍はドキドキしながら覗き込んでいた。


「藍ちゃん!」

真剣に覗き込む藍に高科が声をかけた。
藍ははっと我に返り答えた。

「・・・えっ? あっ、先輩、なんです・・・うっ!」

無防備に振り返った藍に、高科は突然唇を重ねた。

(・・・うっ、うっ・・あっ・・・・)

藍は何がなんだかわからなかったが、少しして目を閉じていた。
高科のキスは、いままで藍が経験したことがないほど激しかった。

高科は藍を抱きしめた。
藍は吸い込まれるようにして高科に身を委ねた。

やがて高科は舌を藍の口の中に潜り込ませてきた。
藍はされるがままに受け入れていた。

それは一瞬の出来事だったのかもしれない。でも藍には長い、長い時間に思えた。

高科が唇を離した。しかしまだ抱きしめられたままだった。

「・・・せん・・ぱい」
藍は高科の胸に顔を埋めた。

藍はそれまでキスをしたことがなかったわけではないが、ほんの一瞬唇を合わせる程度のものだった。
この前、真里に唇を奪われた記憶が、一瞬頭に浮かんだ。しかしあれは、まったく別のものだった。不快ではなかった。
が、高科とのように、胸が張り裂ける思いではなかった。
藍にとって、それはファーストキッスだった。


藍はこのまま時間が止まってしまえばいい、と思った。が、すぐにその幸せな時間は過ぎ去っていった。

「あれ? 先輩! 今日は遅くなるんじゃ・・あっ」

伊藤がさちと向こうからやってきて、藍はすぐに高科から離れた。
さちが伊藤に「バカッ、余計なこと言わないの」と言いたそうに肘鉄をしたが、藍はそんな様子には気が付かなかった。

「おう、今日はな、用事がなくなったんだよ。さぁ入るか・・」

高科がそう言うと藍が慌てて 「えっ? まだ、だめ・・」と止めた。
が、高科はさっさとドアを開け、中に入っていった。
藍も下を向きながら高科に続いた。

藍が顔を上げると、まるで何もなかったかのように、吉田もゆうこも着替えて座っていた。

「・・あれ?」
藍は不思議そうに思わず声を出してしまった。

「ん、どうした?」

高科が藍に聞くと、「えっ? あっ、何でも・・ないです。」と答えた。
何がなんだか、わからなくなっていた。


「さぁ、今日もハードだぞ!気合いれて行こうな!」
高科がそう言うと、皆が立ち上がり、準備をはじめた。

「今日は頼むよ、藍ちゃん。休んだ分、取り戻してな!」
高科はそう言うと藍を肩をぽんと叩いた。

藍は、なんともいえない連帯感に嬉しくなった。
さっきの熱いキスが、高科への思いを強めていた。
同時に高科が、もしかしたら自分のことを好きでいてくれてるかも、と期待に胸を膨らませていた。

hou017

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA