放課後の憂鬱 第9章 初めてのキス(6)

houkago

【第9章(6)】

 

「・・あん・・あっ、ああ・・みんなくるよぉ・・」
「だぁいじょうぶだよ。そんなすぐこねーよ。気にすんなよ。それよりも・・」
「あぁぁぁ! だめだったらぁ・・・・」

ゆうこは甘ったれた声で悶えている。
吉田はゆうこのTシャツを脱がした。ゆうこの豊満な胸があらわになり、吉田と唇を重ねた。
藍はどきどきしながら、息を殺してその光景を覗いていた。

(・・・あ、あんなこと・・・ああ・・)

吉田の手はゆうこのブルマーの上から股間を触りだした。

「あっ! あぁぁぁ!」

その瞬間、ゆうこの声が大きくなり、気持ちよさそうに目をつぶっている。
藍は覗いているうちに変な気持ちになってきた。顔を赤くして、目はうつろになってきた。
そして、廊下であることも忘れ、胸に手を持っていった。

吉田はゆうこのブルマーを下ろすと、ク○○○スを触りだした。

「あぁぁぁ! いいっ! いいよぉ!」

(あぁ、すごいっ。あんなところ、触られてる・・あぁ・・)

そして、藍の期待通りの展開となっていった。

「ああぁぁ! いれてっ! いれてぇ!」

ゆうこがそう言うと、吉田がズボンを脱ぎ始めた。
そしてあっという間に吉田の下半身があらわになった。

(・・・あぁ! す、すごく大きくなってる・・)

藍の心臓は破裂しそうな勢いだった。はぁはぁと息が苦しくなってきた。

吉田はゆうこを床に寝かすと、その上に乗りかかった。そして、ゆうこの中に挿入した。

「あぁぁぁぁぁ! いいっ。いいよぉ、もっと、もっと激しくしてぇ・・」

ゆうこは悶えながら吉田に催促していた。吉田もスピードを上げていった。
藍は知らす知らずのうちに手で股間を触っていた。スカートの前を捲くり、パンティに手を入れて・・

(・・すごい・・気持ちよさそう・・あぁぁぁ!)

「藍ちゃん?」

藍はその声にハッとして、急いで手を戻した。

「藍ちゃん、何してんの? そんなとこで。中にはいんなよ。」

高科だった。藍は慌てて、部室に入ろうとする高科を止めた。

「あ、だ、だめです。今は、ちょっと・・・」
「だめ? どうして? いいじゃん。入ろうよ。」
「だっ、だって・・これじゃ・・・」

藍は高科に扉の隙間から中の様子を覗かせた。

「またやってるな・・まぁあいつら付き合ってるからさ。しょうがないけどな。」
「で、でも・・部室でなんて・・」
「なに言ってるの、藍ちゃん。藍ちゃんだって抱き合ったりするだろ?」

高科の質問に藍は顔を真っ赤にして反論した。

「し、しませんよ。そんな・・まだ・・」
「まだ?」

藍は「経験ないから・・」といいそうになったが、すぐに詰まった。
藍は自分が処女であることが遅れていて、恥ずかしいことのように思えた。

「・・い、いや、こんなところでは・・しません・・」
「いいじゃないか。別に。あのくらいするさ。」
「・・・せ、先輩も・・スルんですか?」

藍は思わず高科にそう聞いてしまった。

高科はドアの隙間から覗きながら、
「俺は付き合ってるヤツ、いないからさ・・」
高科の答えに、藍は何故かホッとしていた。

hou017

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA