放課後の憂鬱 第9章 初めてのキス(3)

houkago

【第9章(3)】

 

「藍ちゃん、見ないでって、こんなにつるつるにしちゃってさ。ほんとは見せたいんだろ?」
「違います・・そ、そんなこと・・・ありません・・」

高科はまじまじと、藍の股間を覗き込んで言った。

「そうだよなぁ、剃っちゃえばしっかり見えるしねぇ。」
「そんなこと・・」
「じゃあ、藍ちゃんのご希望どおり、ここを苛めてみようかな?」
「えっ? あぁっ! だめっだめです。触っちゃだめっ!」

しかし高科は藍の言葉に耳を貸さず、手を藍の股間に近づけてゆく。

「あぁっ! だめっ! 触らないでっ・・あっ!」

藍の手は、またゆっくりとク○○○スを捕らえた。

「あああぁぁぁぁぁっ!」

高科がにやにやしながら言った。

「藍ちゃん、ほんとはこんな風にされたくてしょうがないんだろ? ちがう?」

藍は指を休めることなく、声を上げた。

「ち、違います・・そんなこと・・ありません・・あぁぁぁ!」

藍の指は、何度も何度もク○○○スを弾くようにしていた。その度に体が波打っていた。
何者にも遮られることなく触られているク○○○ス・・藍の指は自分のク○○○スをいたぶるかのように弾きつづけた。

「いや、や、やめてください・・」
「やめてくれだって? ほんとにやめちゃうよ? いいのかなぁ?」

藍は悶えながら言った。

「や、やめ・・ないで・・・」
「やっぱりな。藍ちゃんはエッチだなぁ。今度はもっと恥ずかしいコト、しようね?」

藍はすぐに返事をした。

「は・・い。もっと・・・もっと恥ずかしいコト・・・して・・ください・・」

それを聞くと高科が吉田に指示する。

「ようし、じゃあ吉田、藍ちゃんの乳首、摘んでやれよ。」

藍は遊んでいたもう片方の手で乳首を摘んだ。

「あぁぁぁぁ! やめて、吉田君、やめて・・・」

高科が吉田に言う。

「おい、吉田、もっとやってくれってよ。もっと強くだと!」

藍は乳首を思いっきり摘んだ。

「えっ?・あああぁぁぁぁぁぁっ! い、痛いっ! やめてっ!」
「はははは。藍ちゃんはうそつきだからなぁ、ねぇ先輩。やめてってことはもっとってことですかね?」
「そうだよ、吉田。わかってきたなぁ。おまえも。もっと、つ・よ・く、だってよ。」

藍は思いっきりの強さで乳首を摘むと、ちぎれんばかりに引っ張った。

「あぁぁぁっ! 痛いっ、痛いよっ! 引っ張らないで・・お願い・・」

高科はますます激しく藍のク○○○スをいじっている。

「ああぁぁっ! いやっいやあぁぁぁ・・・いじらないでぇ・・・ヘンになっちゃうよぉ・・・」
「藍ちゃん、まだまだこれからだよ。伊藤、おまえ、藍ちゃんに咥えてもらえよ。」

藍は乳首を摘んでいた手を自分の口に咥えた。

「えっ? いやっ、あっ! むぐぐっ・・」

藍は上と下の口を同時に責めた。激しく責め続けた・・・。

「ああぁっ! ああぁぁっ! ああああぁぁあぁぁっっ!!」
「許してっ、もうヤメテッ!!・・壊れちゃうよっ!」

ふと藍の手が止まった。藍の頭の中を、それまで感じたことのない何かが通り過ぎた。
その影を感じた途端、藍の胸は早鐘のように波打った。

hou06

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA