放課後の憂鬱 第9章 初めてのキス(2)

houkago

【第9章(2)】

 

今度は、あの時の記憶が鮮明に蘇った。あの時の水着・・・薄い布で、股間の形が浮き上がっていた・・・
藍は、両手でブルマーの両脇を掴むと、グーッと引っ張り上げた。そのまま藍はブルマーを、自分の腰骨にかけるようにした。

あの時の恥ずかしいビキニのように、ブルマーの足の付け根のラインが切れ上がり、股間にくい込んだ。
そして左右から藍の秘丘が、半分ほどはみ出していた。

藍は、再び万歳をしてみた。あの光景の続きを、思い浮かべながら・・・。

(お願い・・・許して・・・)

胸が苦しいほど高鳴っていた。
あの時は、水着の股布をずらされ、剥き出しにされたのだった。
片手をそろそろと降ろすと、ブルマーの股間の部分にそっと触れた。ビクンと身体が震えた。

ブルマーの股布を掴むと、持ち上げてみた。そのまま片側にずらし、すっかり剥き出しにすると手を離してみた。

(あぁっ・・・信じられない・・・)

藍は驚いていた。
その「セクシー」な雰囲気は、水着が透けるどころではなかった。まるで、何かを期待しているように、苛められるのを、弄ばれるのを誘っているように見えた。

藍は、ジッと鏡を見つめていた。そして、手を股間に持っていった。
そこには・・・陰毛がすっかりなくなったつるつるした感触・・・今まで感じたことのない妙な感触が手に伝わってきた。

(あぁ・・なんかヘン・・・)

いつもなら毛を分けて、初めて触れる性器・・・それが直に指に触れる・・
藍は少し怖くなった。指がク○○○スに触れた瞬間、思った以上に身震いがしたからだ。

腫れ物に触るかのように、もう一度ゆっくりと藍の指がク○○○スに触れた。

(うっ!)

藍の体は感電したかのようにビクッとして、指をすぐに離した。

(・・・す、すごい・・こんなに感じるなんて・・)


いつしか藍の頭は、学校のことを思い浮かべていた。
それは今、鏡に映っているのが体操服姿だったからかも知れなかった。

(えっ、あっ、明日・・・学校・・で・・)

学校のことに気が付くと、藍は急に心配になってきた。
学校に行くと・・いや、部活に出ると・・必ず恥ずかしいことをされてしまう。
もしこんな姿を見られたら・・・きっと今まで以上に酷いことされてしまう。

酷いこと?・・・今度はどんな?・・・

藍はハッとした。

(あ、あたし、なに考えてんだろ・・やっぱり・・されたい・・の?・・)

ふいに、高科の顔が浮かんだ。

「藍ちゃん、苛めて欲しいんだろ・・」
高科が囁いた。

「いやっ、いやっ、やめてっ」
藍の胸は、破裂しそうだった。
しかし、もう藍は「本当の藍」ではなくなっていた。

「だってさぁ、自分からこんなカッコしてるし・・みんなにも見て欲しいのかな?」

藍は、高科の前に立たされていた。いや、いつの間にか吉田や伊東たちも藍を取り囲んでいた。

「せっ、先輩・・・み、見ないで下さいっ・・やっ、やだっ!」

hou06

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA