放課後の憂鬱 第9章 初めてのキス(1)

houkago

【第9章(1)】

 

(・・・秋のバカ・・全部剃っちゃうなんて、信じられない・・)

藍は、バスタオルを巻き付けただけで、自分の部屋に戻った。
まだ興奮が冷めていなかった。秋に剃られて、クリームが洗い流された下から現れた、あのつるつるになった股間を初めて目にした時のショックから、まだ立ち直っていなかった。
大事な部分の毛が、すべて無くなっている・・藍は頬が熱くなるような思いだった。

(でも、わたし・・どんなになってる・・の?)

ふと思った。それは、最初は単なる好奇心だったかも知れない。
しかし、一度そう思うと「見てみたい」気持ちが、強く膨らんでくるのを意識した。

藍は鏡の前に立った。いつも仕事の練習の時に使う、全身を映す大きな鏡の前だった。
鏡の前で、藍はゆっくりとバスタオルの裾を開いた。少しずつ、少しずつ、ゆっくりとタオルを開いていった。

(あっ、いやっ!)

バスタオルの下から股間がチラリと見えた瞬間、慌てて藍はタオルを元のように閉じてしまった。
しかしホンの一瞬、鏡に映った衝撃的な姿が目に焼き付いていた。
そこは、まるで幼女のようにつるっとしていた。それでいてフックラと盛り上がり、その真ん中を筋が、割れ目がクッキリと切れ込んでいた。

(でも・・・どうなってるの?)

再びバスタオルをゆっくりと開いた。好奇心だけではなかった。何か得体の知れない衝動が、隠したままにしておくのを許さなかった。
藍の目は、鏡に釘付けになっていた。目をそらすことができなかった。

割れ目の下から、ピンクの襞が僅かに覗いていた。それを見つめたまま、藍はバスタオルをはらりと落とした。全身を鏡に、自分の目に晒した。
藍の目から見てもとてもセクシーだった。

(どうすんのよぉ・・・こんなの見られたら・・・)

藍の脳裏に様々な思いが巡っていた。
仕事で、着替えるときに見られたら・・もし写真に撮られでもしたら・・

(あっ、真里さん・・)

その時、ふいに真里とのことが頭をよぎった。
真里の部屋で拘束されたこと、拘束されたまま股間を剥き出しにされ、そのまま弄ばれたこと・・・。

(またあんなこと・・されたら・・・)

真里の部屋で、鏡に映っていた自分の姿を思い出していた。
あんなことされたら・・・今度は何も隠すことができないのだ。そのことに気が付くと、藍の頭はボーっとなってしまった。

頭の中で、拘束されている自分が、あの時の姿が朧気に浮かんでいた。一瞬ハッキリと見えた気がした。しかしすぐに、ボンヤリと霞んでしまった。

(真里さん・・・やめて・・・)

藍は、あの時されたように、両手を万歳の形に伸ばしてみた。が、すぐに降ろしてしまった。

あの時は、恥ずかしい水着だった・・・。藍は自分の部屋を見回すと、隅に転がっていた学校の手提げ袋の処へ行った。
そして袋から体操服・・Tシャツとブルマーを取り出すと、全裸の上に着けた。
再び鏡の前に立ち、もう一度万歳をした。

hou06

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA