放課後の憂鬱 第8章 無邪気な悪魔・後編(4)

houkago

【第8章(4)】

 

「いいわよ。で、こんどはどうすん?」
「ふふ・・どうせあいつぁ、いじめられたいんだ。だから、な・・・」

「え~っ!? そりゃすげぇ! でも、そこまでやっていいっすか?」

聞き終わった吉田が目を輝かせた。伊東と柴田がゴクッと唾を飲み込んだ。

「そうよ、やっちゃえばいいんだわ。あいつ、自分が違うと思ってるんだから。いい気味よ」

それまで黙っていたゆうこが口を挟んだ。

「みんな、なんて顔してんのよ。どーんとやろうよ!」

高科が押さえるように言った。

「まぁな。ただ・・・傷にしちゃマズイ、いいな? まぁ、こっちにゃまた切り札が手に入りそうだが・・」
「またビデオ、撮るんっすね!?」
「ははは。それだけじゃねぇんだよ。まぁ黙ってみてなって。」

高科は不気味な笑みを浮かべ、吉田たちに言った。
あまりに自信満々な態度に、吉田も伊藤も次の言葉は出てこなかった。


その日、藍は前日ほど遅くならずに家に帰った。藍は秋や両親と食事を済ませると、風呂に入った。
吉田の言う通り、カミソリを持って・・

藍は今まで自分の陰毛を処理したことなどなかった。せいぜい腋にカミソリを当てる程度だった。
体を洗い終わり、湯船につかっていた。が、藍はどうしよう、とずっとそう考えていた。

そしていよいよ覚悟を決めて、カミソリを手にした。が、すぐに置いた。

(あっ、シェービングクリーム、つけなきゃ・・)

本当は、そんなコトはしたくなかった。剃るのを、少しでも先に延ばそうとしていた。
しかし、諦めたように父親がいつも使っているシェービングクリームを取り、泡を手のひらに乗せた。そしてそれをつけようと、自分の股間に目をやった。

藍はそれまで自分の性器をまじまじと見たことなどなかった。まるで、不思議な物を見るように、目を開いて自分のそこを覗き込んだ。

(あ、こんなになってるんだ・・)

泡のないほうの手を、見慣れない性器にやった。

(・・あっ!)

藍の手が性器に触れた時、ビクッとなった。しかし藍はすぐに我に返った。もう片方の手の泡が気になったからだ。

(・・・剃らなきゃ、ね。でも、なんかやだなぁ。)

そう思ったが、藍は自分の股間に泡をこすりつけた。

(・・あっ! すーっとする・・)

男性用シェービングクリームの、メントールの冷たい刺激が股間に走った。
藍はそれだけで、少しとろーんとしてしまった。その夢の中のような気持ちのまま、カミソリを当てた。

(あっ! やだっ・・)

カミソリの冷たい感触が股間に触れ、それと同時に陰毛が藍から離れてゆく。

(なんか・・・ヘン・・)

その時だった。

「おねーちゃん! いつまで入ってるのよ! あたし、明日早いんだから早く出てよ!」

hou011

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA