放課後の憂鬱 第8章 無邪気な悪魔・後編(3)

houkago

【第8章(3)】

 

「冗談だよ。そんなにムキにならなくたって。ははは。」
「・・・・・」

吉田が笑い飛ばすと、藍は少し膨れて下を向いてしまった。

「まぁ、まぁ。怒らない、怒らない。それより藍ちゃん、この前の水着の撮影のとき気付いたんだけど・・」

吉田がそう言うと、藍は元に戻って聞いた。

「・・えっ? なにか・・」
「藍ちゃんさぁ、処理、してないよね?」
「えっ? ショリって? な、なんの?・・・あっ!」

藍は吉田の質問の意味がわかると、真っ赤になってしまった。
藍は確かにこれまで「陰毛の処理」など、したことはなかった。

「・・・ど、どうすれば・・・いいですか?」

藍は恥ずかしそうに吉田に聞くと、吉田が藍の耳元に顔を近づけ、小声で言った。

「・・・ちゃんと、剃っといてね。あれじゃはみ出しちゃうよ・・」

藍はますます恥ずかしくなり、しどろもどろで答えた。

「えっ? あっ、えっと、は、はい。・・・わかりました。」
「今晩ぐらいから、ね。剃り始めてすぐだと、肌が荒れてることもあるから・・気をつけて剃ってよね。傷つけないように。」

吉田がそう言うと、藍は下を向いて答えた。

「はい・・わかり・・ました。」

「よしっ、じゃあ今日はここまでだ。藍、次の仕事に行くぞ。・・・吉田、頼んだぞ」

時計を見ていた岸田が、区切りをつけるように言うと立ち上がった。藍は岸田と次の仕事に向かった。


その頃、藍の学校の昼休み。映研の部室では、部員が顔を揃えていた。
奥の椅子に、すぐ前の机に足を投げ出して高科が座っている。藍がいるときに見せる、優等生のような表情が消え、不良っぽい雰囲気だ。
すぐ横にさちが座り、やや離れた中央の机を囲んで、他のみんながひそひそと話し込んでいた。

吉田や伊藤たちは、藍が昨日今日と間学校を休んでいることが気がかりだった。
そして吉田が不安そうに高科に言った。

「・・先輩、あれって、やっぱまずかったんじゃないすか?」

高科はそんな不安を吹き飛ばすかのように言った。

「おいおい、なーに言ってんだよ。全て計算どおりだぜ! ぜーったいにうまくゆくって」

「でも、ねぇ・・・二日も休んでんすよ?・・先公にでもチクられて、バレたら俺たち退学っすよ、きっと。」
「だ~いじょぶだよ! 藍ちゃん、そんなバカじゃねぇって。あいつぁ芸能人なんだぜ。ゲイノージン!・・スキャンダルは一番まずいっしょ? 自分から晒し者の道、選びっこねぇって。心配いらねーよ!」

「そんなもんすかねぇ・・」
「それにな、あれはもう目覚めてるって。まちがいねぇ。ほれ、このビデオ見ろよ。目覚めてなきゃ、自分からこんなカッコすんか?」

「まぁそうっすけど・・」
「まぁみてろよ、明日あたりまた顔出すよ、ちょっと苛められるのを期待してな。だから希望をかなえてやらにゃ、かえってかわいそーだろ!・・・そうだ、さち! 台本、書き直してくんないか?」

hou011

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA