放課後の憂鬱 第7章 無邪気な悪魔・前編(5)

houkago

【第7章(5)】

 

「・・はい。私のわがままでした。すみません。」
藍は泣きそうな顔で謝ると、岸田が軽く藍の頭を叩いた。

吉田がコーヒーを持って戻ってきた。吉田は藍のしょげた様子をみるとすかさず言った。

「お、どうしたの、藍ちゃん? 岸田さんに怒られたかな?」
「・・・あ、なんでもありません。だいじょうぶです。」

藍はムリに笑顔を作って答えた。が、藍の笑顔はすこし歪んでいた。

「岸田さん、女の子苛めるのは良くないなぁ。まぁそんな怖い顔じゃ、なに言っても怒ってるように見えますけどね。」

吉田は場を和ませようとしたのか、冗談を言うと、
「なに言ってんだ。あんたのせいなんだぞ!」
と岸田が吉田に言った。

「えっ? 俺のせい? 俺、藍ちゃんになにかしたかな?」
「まったくよぉ、この前のラフ写真、あんたどうしたよ?」

岸田はすごんだ声で吉田に問い詰めると、
「え、ラフ写真?・・ああ、ありゃ処分したけど、なにか?」
「あんた、あれ息子に見せなかったか?」
「ああ、あん時は藍ちゃんの写真撮ったって言ったら、うちのが藍ちゃんのファンだっていうから少し見せたけど、まずかったかな?」

「バカやろぉっ!! あんたのそういうところが、軽率だって言うんだよ! あんたの息子、藍と同級生なんだよ。」
「え、そうなの?」

「まったくよぉ。あの写真、まずいの写ってなかったか? そんなの同級生に見られてみろ、藍、学校行けなくなんだろ!?」
「ああ、そういやちょっとセクシーだったかな・・ぜんぜん気にしてなかったよ。あちゃー、まずかったな、そりゃ。」

藍はそんなやり取りの間、ずっとうつむいていた。そんな藍に吉田が謝った。

「藍ちゃん、ぜんぜん知らなかったよ、ごめんね。うちのバカにからかわれたんだろ? まずかったなぁ。なんて謝ったらいいか・・」

藍はまだ納得したわけではなかったが
「・・もう、いいです。気にしてませんから。ただ・・」
「ただ?」
「吉田君、ちょっと恥ずかしいこと・・・言うものですから、少し落ち込んでしまって・・」

藍は「恥ずかしいことをされた」とは言えず、言葉を濁してしまった。
しかしすぐに吉田が言った。

「そうかぁ、あのバカ、困ったやつだな・・よく言っておくからさ。機嫌直してくれよ。ね、藍ちゃん!」
「・・はい。あたしの方こそ、子供でした。ごめんなさい。」
と藍も謝った。

吉田は藍の顔に少し笑顔が戻ったのを見て、
「そうそう、藍ちゃんは笑った顔がいいね。かわいいぞ! こりゃこっちもいい写真、撮らないとな!」
と藍を持ち上げた。

岸田がそんなやり取りを終わらせるかのように、
「よし、じゃあ早速仕事の話と行くか!」
と言うと、吉田が答えた。

「そうですね。さっさと片付けてしまいますか。」

藍の新しい「写真集」の打ち合わせが始まった。

hou010

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA