放課後の憂鬱 第7章 無邪気な悪魔・前編(4)

houkago

【第7章(4)】

 

岸田はますますわからなそうに、
「ん、よくわからんぞ。どういうことだ?」と藍に問い詰めた。

「・・吉田さんの息子さんとわたし、同級生なんです。で、吉田さん、あの写真を捨てるって言ってたのに、吉田君に渡したみたいで、それで・・」

藍は「辱しい目にあった」ことまで話しそうになったが、ハッと気付いて黙ってしまった。
岸田は怪訝そうな顔で、藍に聞いた。

「おまえの言ってることは良くわからんぞ。第一なんでそんなCMの試し撮りの写真を息子に渡したぐらいで、カメラマン変えにゃならんのだ? なんかまずい写真だったのか?」

藍はしかたなく話した。

「・・水着の・・写真だったんです。」

岸田は呆れ顔で言った。

「おまえなぁ、そりゃ友達に自分の水着姿の写真見られて、恥ずかしいのはわかるけどなぁ、おまえ「芸能人」なんだぞ! その辺の女子高生みたいに恥ずかしがってちゃ、これから仕事来ないぞ! も少し大人になれよ。・・別に裸見られたわけじゃあるまいし・・」

「でも、す・・・透けてたんです。」
「ん、透けてた? なにが?」
「む・・・・胸が、です!」

藍は少し大きな声を出してしまったことが恥ずかしかった。が、そんな藍を見て岸田は他愛もないことのように続けた。

「おまえなぁ、そんなこと言ってるようじゃ、まだプロじゃないぞ。そんなことはこの世界じゃあたりまえなんだよ。あの篠原奇人も狩野典正も、そんな写真腐るほど撮ってるんだ。それが出版されないだけでな。」

「・・・・・」

「息子がそれを偶然見ちまっただけだろ? 親子じゃそんなこと別に不思議じゃないぞ! カメラマン変えりゃいいってもんでもないだろ? それにな、自分の息子がおまえのファンだったりしてみろ! オヤジとしたら自慢したいだろ? そんなもんだぞ!」

「・・・・・」

「こっちだって根回しとかいろいろ大変なんだから、その辺わかってくれよな!?」

岸田が一気にまくしたてた。そう言われると、藍は黙ってしまった。岸田の言うことももっともだった。

それに「プロじゃない」と言われたのには堪えた。確かに自分のわがままと言えばそうなのかもしれない。

「・・・・・」

藍はしゅんとなってしまった。
岸田もおとなしくなってしまった藍を見て、困った様子で言った。

「・・・まぁ、おまえもこれからなんだからな。第一、だ。そんな写真、誰にも見てもらえなかったら逆に淋しいもんだぞ。人気があるってことだ。このまま人気を維持できなきゃ、おしまいなんだから、がんばろうな。・・まぁ吉田には気をつけるように言っとくよ。心配すんな!」

藍は岸田の言葉を聞き、少し微笑み、こくっと小さくうなずいた。
自分のことを考えてくれてるんだ、そう考えたら涙が出そうになった。

hou010

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA