放課後の憂鬱 第7章 無邪気な悪魔・前編(2)

houkago

【第7章(2)】

 

野村由香は藍とライバルとされている女優だ。
歳も同じ、仕事も藍と同じようなテリトリーで、藍自身も由香には負けたくない、そんな感情を抱いていた。

「あちらさんが今度出す写真集、結構ヤってるらしいんだ。こっちも指くわえてるわけにはな・・」

藍は少し不安になった。藍の今まで出した写真集は、どれも清純路線だった。
実のところ「水着や下着姿」の写真集を、という話がなかった訳ではない。
しかし、その度に藍自身が「絶対にイヤ・・」と拒否していたのと、前の事務所はそんな藍の希望を聞き入れてくれていので、今まではそんな仕事をしなくて済んでいた。

(・・やっぱり、水着の写真集、出さなきゃなのかな・・・)

藍は事務所を変わったことを今更ながら後悔した。
が、負けず嫌いの藍は、妹の秋のことと、前の事務所に自分から啖呵を切って出てきた手前、弱音を吐くわけにはいかなかった。
ましてライバルの由香がそうするのなら、と考えると「やらなきゃ、だめか・・」と自分を納得させるしかなかった。

「・・・水着・・ですか?」

恐る恐る聞く藍に、岸田は言葉を濁すように
「・・そんなところだ。まぁどんなのにするか、これから行って打ち合わせるんだがな。」
と答えた。

「・・がんばります!」

藍は自分に激を入れるかのようにそう言った。
が、岸田は藍の言葉が聞こえなかったかのように、別のことを言い始めた。

「それはそうと・・・昨日、七種になんかされなかったか?」

その質問に藍は動揺した。
昨日のことが鮮明に蘇ってきた。拘束されたこと、そして抵抗できぬまま、いいように弄ばれたこと。それでも藍は真里に惹かれてしまったこと・・・。
藍は詰まりながら答えた。顔が赤くなっていた。

「えっ? あっ? べ、別に・・何も・・」

藍が動揺しているのに岸田は気づいていた。が、そしらぬ顔で続けた。

「そうか・・ならいい。・・・あいつな、男には興味のない女なんだよ。」
「えっ?」
「レズ、なんだよ。」
「えっ? レ・・ズ・・ですか?」

昨日真里にされたことが、岸田の話でやっと納得できた。

「だからな、藍にちょっかい出したりしてないだろうな、と思ったんだよ。何もなかったんなら、いい。」
「・・・・・」

藍が黙っていると、岸田がまた真里のことを話し始めた。

「藍、気をつけろよ。おまえ、結構無防備だからな。ほんとはあの女、おまえに付けたくなかったんだが・・上からの命令でな。気に入ったとなりゃ見境ないからな。前も手出して、辞めさせちまって困ったんだよ。おまけに、やり方がきついっつうかなんつうか、商品に傷つけてくれやがる。傷はなぁ、まずいんだよ、この商売。その辺わかってねーんだよな、あの女。」

hou010

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA