放課後の憂鬱 第7章 無邪気な悪魔・前編(1)

houkago

【第7章(1)】

 

真里と別れた後、藍はサイン会、テレビ出演と休む間もなく仕事をこなした。
久しぶりのアイドルらしい仕事に、藍は充実した時間を過ごした。

夜中にようやく家にたどり着くと、家族はみな眠っていて真っ暗だった。
藍は物音を立てないように自分の部屋に入り、すぐに着替えを済ませた。
そしてベッドに横になったかと思うと、疲れていたせいか何一つ考えることなく眠っていた。


次の日の朝、その日も仕事だった。藍はまた少し寝坊をしてしまい、忙しく身支度を整えている。

(・・学校、二日連続休みかぁ。)

ふと藍は手をとめた。それまで感じたことのない、そんな感覚が沸き上がった。
ついこの間まで、学校に行くのが苦痛だった。誰にも話しかけられず、1日中黙って過ごすあの教室・・・。

それが、今は部活の仲間がいる。自分の場所がある・・・。
初めて経験した喜びだった。その嬉しい記憶に、最初はあの出来事を思い出せなかった。

(・・・・)

藍の顔が、少し曇った。少しずつ、あの悪夢の記憶が蘇ってきた。

・・・学校に行くと、また辱しい目に逢わされてしまうかもしれない。
・・・いや、この前のように、自分から変なコトをしてしまうかも知れない。

仕事の日は、学校に行かない今日は、それから逃れられる・・・そんな安堵も感じた。
それでいて、なにかわからない、モヤモヤとした物足りなさを感じているのを意識していた。
が、次の瞬間、藍は身支度を続けた。藍のもやもやとした気分は、朝の忙しさに紛れてすぐに消されてしまった。

「藍、遅いぞ! はやくしろ、行くぞ!」

藍の家の外に既にタクシーが止まっていた。タクシーに乗っていた岸田が、玄関を飛び出してきた藍に怒鳴り声を上げた。

「あっ! す、すいません!」

藍は岸田の声に驚き、反射的にそう返事すると、慌ててタクシーに乗り込んだ。
藍が岸田の隣に座ると同時に、岸田は運転手に行き先を告げ、タクシーはすぐに走り出した。

「昨日は忙しかったな、よく眠れたようだな?」

岸田は少し遅れた藍に皮肉っぽく聞いた。

「は、はい。昨日はお疲れ様でした。・・・よく眠りすぎました。」

藍はぺろっと舌をだした。岸田は苦い顔をしたが、それ以上は黙ってしまった。

「・・・今日は・・どこに?」

暫くして、藍が聞いた。
今日の仕事の内容を聞かされていなかったので、そう尋ねるとすぐに岸田が答えた。

「ああ。今日は打ち合わせだ。今度は‘写真集’のな。」
「・・・写真集・・ですか。」

藍はテレビやラジオの仕事が好きだったので、できれば「写真集」などの仕事は避けたかった。
藍の嫌そうな気分を察したのか、岸田がすぐに続けた。

「野村由香、知ってるよな?」
「・・はい。」

hou010

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA