放課後の憂鬱 第6章 スタイリスト・後編(3)

houkago

【第6章(3)】

 

「はあん・・ああぁぁぁぁ! だ、だめ・・やめてぇぇっっ!!」

真里は容赦しなかった。
更に強く藍の秘部をなぞり続けると、藍の水着の股布の部分が少しずつ湿ってきた。水着の生地は薄いブルーだったので、濡れているのが明らかだった。

「だめって言ってる割には濡らしちゃって、エッチなコ!」

真里が意地悪そうに言うと、
「ぬ、濡れてなんか・・・いません・・」
と恥ずかしそうに藍はうつむいて答えた。

「本当? じゃあ調べていい?」

そう言うと、真里の手は藍の水着の股布をずらし、割れ目をすっかり剥き出しにしてしまった。
そしてその秘唇を押し広げるようにすると、藍のク○○○スを摘み上げ、指の腹で撫で回した。

「ああぁぁ! あああああああ! や、やめてっ!」

藍は直に触れられ、大きな声をあげてしまった。
真里が更にその奥に、指を進めた。そこからは愛液がとろとろと流れ始めていた。

「やっぱり濡れてるじゃない?! こんなにたらして・・おもらしみたいよ!?」

真里が濡れた指を目の前に突きつけると、藍は真っ赤な顔でうつむき、何も反論できなかった。

真里の手は飽くことなく藍の全身を撫で回し続けた。
抵抗することも、庇うこともできない藍の乳房をこね回し、乳首を摘んだ。
股布をずらされて、晒されたままの秘部を執拗に弄んだ。時には腋の下や脇腹を擽るようにつついてもいた。

藍はその度に「うっ! あっ!」と小さな声で呻きつづけた。
藍の身体は真里の手の動きにつれ、ビクンビクンと跳ね回り、仰け反り、そして捩れていた。

真里の絶え間ない淫弄(いたぶり)に、藍はもはや生気を失ってぐったりとしてきた。

藍の股間は愛液を溢れさせ、流し続けていた。
それは藍の太ももを伝い、床のフローリングをぐっしょりと濡らし、まるで失禁したかのようになっていた。

「藍、すごいわ、濡れやすいのねー。こんなになって・・」

真里が藍の羞恥に、追い打ちをかけるようにそう言ったが、
「み、見ないでください・・あっ・・あぁ・・・・や、やめ・・て・・・」
息も絶え絶えに応えるのがやっとだった。

真里はしばらく藍の股間をまさぐっていた。が、思いついたかのように藍に尋ねた。

「もしかして藍は・・処女?」
藍は少し意識を取り戻し、答えた。

「・・だったら・・なんですか?」
「処女なの? ちゃんと答えなさい!」

真里の口調が厳しかったので、藍はうつむいて、「・・・はい。」と答えた。
真里は何かを思いついたように、にこにこしながら言った。

「そうなの! ふーん・・処女なのかぁ・・」

藍は何をされるのか少し怖くなってきて、真里に聞いた。

「な、なに? なんですか?」

真里は嬉しそうに答えた。

「ふーん、じゃ、ちょっと待ってて! 私が藍の処女を奪ってあげる・・」
そう言うと真里は部屋を出て行こうとした。

「えっ? いや! いやですっ! やめて、やめてぇぇぇ!」

藍は我に帰って叫んだ。しかし真里は部屋から出て行ってしまった。

hou08

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA