放課後の憂鬱 第6章 スタイリスト・後編(1)

houkago

【第6章(1)】

 

そのうち真里の指が藍の股間に触れた。

「ああぁぁぁっ!」と藍は崩れてしまった。

真里は呆れ顔で、「もう、困ったコねぇ。動いちゃだめって言ってるでしょ!」とたしなめた。
しかし顔には笑みを浮かべ、今度は藍の股間をさすり始めた。

「あぁっ、あぁぁぁ! だめです、そこは・・だめっ・・」
藍は両手で真里の手を押さえると、ぺたんと座り込んでしまった。

「もう!、ホントに困った子なんだから・・・仕事にならないわ、これじゃ」

真里はそう言うと、ソファーに戻って腰を降ろした。ようやく藍が立ち上がると
「あのね、あたしはスタイリストとして、藍の身体のこと知っておかなきゃならないの。でないと、どんな風にしたら藍が綺麗に見えるか、考えられないでしょ」
藍はただ黙って頷くだけだった。

「遅れてきた上に、そんなんじゃチットも進まないわ。どうするのよ?」
それ程、剣のある声ではなかったが、藍を従わせるには十分だった。

「・・はい、ゴメンなさい・・・」藍が小さな声で返事をした。

真里が、壁に掛かっている時計をチラッと見上げて、フッとため息をついた。

「もうこんな時間ね。じゃ、次の水着、これね」と藍に差し出した。

「はい」
素直に水着を受け取ると、着替えに奥の部屋へ向かった。
真里も立ち上がると、藍と並んで歩き出した。

「えっ!?」
藍は声を出そうとした。しかし真里のやや不機嫌そうな顔を見ると、何も言えなかった。
奥の部屋に、当然のように真里が一緒に入った。

(やだ、恥ずかしい)

そう思ったが、そんな藍に真里は一向構わなかった。藍は仕方なく真里の見ている前で着替え始めた。

今度の水着はビキニだった。さっきの競泳用の水着と同じ、柔らかく薄い生地でできていた。
当然のように胸のパットはなかった。その上、股間の部分も一重のままだった。
ビキニに着替え終わって、鏡に映る自分を見て、藍は驚いてしまった。

乳首が飛び出しているのは、前の水着と同じだった。その上、股間の盛り上がりも、そこに走る割れ目の「すじ」も、はっきりとその形を浮かび上がらせていた。

「真里さん・・・これって・・・」

藍が言いかけると「いいの、これは撮影用じゃないんだから。チョット藍の身体、見せてもらうだけなの」
真里の言葉に、頷くしかなかった。

「じゃ、チョット手を上げてくれる?」
真里の命令に、藍は躊躇した。が、真里の眉が寄るのを見ると、慌てて両手をあげた。
しかし鏡に映る、全裸よりも遙かに艶めかしい姿にたえられず、また手を下ろしてしまった。

「ナニ恥ずかしがってるのよっ。しょうがないわね。」

そこで、急に笑みを浮かべた真里は
「それなら目をつぶって、それならいいでしょ・・・はいっ、手を上げてっ!」
柔和に言う真里の言葉のままに、目をしっかり閉じて藍は両手を差し上げた。

(これも仕事なんだ)

藍はそう思った。そう思うしかなかった。

hou08

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA