放課後の憂鬱 第5章 スタイリスト・前編(4)

houkago

【第5章(4)】

 

「おぉ、すまんすまん。」
岸田は平然として、馴れ馴れしく返事した。

藍は自分のせいで遅れたので気が引けて、「・・・ごめんなさい、わたしが少し遅くなってしまって・・」と謝りかけた。

岸田は藍の言葉を遮るように「いいんだよ! なぁ?」と女性の方に顔を合わせた。

「しょうがないわね。この分はちゃんと返してもらうわよ。いいわね?」と女性が藍に聞いたので、「・・はい。すみません。」と藍は謝った。

藍の返事があまりに神妙だったので、女性と岸田は「はっはっは」と同じように笑いだした。


女性が自己紹介を始めた。

「藍ちゃん、だったわよね? この前はどうも。私は七種真里。よろしくね。しばらくあなたのスタイリストをすることになったの。」

藍は真里ようなタイプが苦手だったので、自分を担当すると言われて落胆したが、しかたないな・・と諦め「藍です。よろしくお願いします。」と挨拶をした。

「藍、七種さんとこの前の水着のCMの、打ち合わせと衣装合わせをしてくれ。俺はちょっと用があるから後でまた迎えに来る。じゃ、あとはよろしく。」

それだけ言うと岸田は軽く手を振って、部屋を出て行ってしまった。

藍は、真里と二人きりで部屋に残されたが、相手は女性だったので特に不安は感じなかった。

「藍ちゃん、あ、“藍”でいいわよね?」と真里が聞いた。

藍は真里に怖いイメージがあったため、そんな風に言われて嬉しくなってきた。

「あ、はい。もちろんです、七種さん。」
「真里、でいいわよ。」
「あ、じゃあ、真里・・さん。」
二人は打ち解けて笑った。

「さぁ、打ち合わせするわよ。いい? でもその前にお茶、かな?」

真里が少しおどけてそう言うと、藍には姉のように思えてきて、一層親近感を深めた。

「はいっ。いただきます。」
藍はにこやかに答えた。

真里がコーヒーを入れ藍の前に差し出すと、藍はすぐに口にした。
真里も同じようにコーヒーを飲みながら、早速仕事の打ち合わせを始めた。

「この前の印象だと、藍はあんまり水着のことは知らないわね?」
「・・はい。あんまり体に自信なかったんで・・ちょっと・・」

「そんなことないじゃない! きれいな体してるくせに。この前ちょっと見ちゃったから、知ってるわよぉ?!」
「・・そぉですかぁ? でもなぁ・・」
「そうよ! 私なんか見せらんないのに!」

真里は軽く握った手で、藍の頭を“こつん”とたたいた。
藍は自分の体を誉められたのと、真里がやさしかったので嬉しくて仕方なかった。

「今度のはこれとこれと・・これかな? 競泳タイプだから薄手だけど心配いらないわよ!」
「・・透けないんですか?」
「そうなのよ。よく出来てるのよ。最近のは。試着してみようか?」

真里は藍の不安材料を先回りして話すので、藍は安心して、こくんと首を縦に振った。

「じゃあ、これを着てみて! あっ、あっちで着替えていいわよ。」

真里は立ち上がると奥の部屋を指差し、藍に最初の水着を渡した。

hou07

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA