放課後の憂鬱 第5章 スタイリスト・前編(3)

houkago

【第5章(3)】

 

頭に浮かぶ光景のまま、藍は全裸で両足を広げてベットに横たわっていた。両方の足首を男たちに掴まれ、無理に開かされているのだった。
そして藍の手は、激しく胸を揉み、そして股間を責め上げていた。

「うっうっ・・」

声にならない声をあげ、藍は自分を辱めつづけた。藍の両手は、まるで男たちの手のようだった。その動きは、どんどん激しさを増していった。

「うぅうう! うぁぁ!」

(あぁぁぁぁぁ! わたしを・・・犯して!)

藍の意識ははっきりとそう言っていた。藍自身がもう自慰ぐらいでは物足りないのを理解していた。
藍の頭の中で高科たちに強引に辱められ、そしてついに犯されようとしていた。

「うぅぅぅぅぅぅぅ! あぁぁ! いやあぁぁぁっっ!!」

やがて、藍は果てた。犯されたあと放置された女のように、顔は生気を失い、股間からは愛液がたれていた。

その格好のまま、藍は泥のような眠りに落ちて行った。


次の朝、藍はかなり寝坊してしまった。その日は仕事だったのに。

「いっけなーい! 急いで支度しなきゃ・・」

藍は慌てて着替えると、メークもせず、さっきから待っていたタクシーに飛び乗った。
藍はいつものように事務所に向かうと思っていたが、タクシーはぜんぜん知らない道を走っていた。

「あ、あのぉ、こっちじゃないんですけど・・」
藍が運転手にそう言うと、運転手が事務的に答えた。

「岸田様からABCビルへ、直接お連れするよう言われておりますが。」

藍はそんなことを聞いていなかったが「あ、そうなんですか・・」と答えた。

(今日は現地集合か・・)
(ABCビルって、この前のビルじゃないよね?)
(新しい仕事かな・・)

藍があれこれ考えているうちに目的地に到着した。
タクシーを降りると、ビルの入り口へ向かって歩き出した。

「おぉ! 藍! こっちだ、こっち!」
背後からそう呼ばれ振り向くと、後ろに岸田がいた。

「あ、おはようございます。すみません、遅れちゃって・・」

藍がすまなそうに言うと、「まぁ、俺は構わないんだが・・先方が怒ってなきゃいいけどな。ははは。」と岸田は藍を脅かすような素振りで答えた。

「だ、だいじょぶですかねぇ・・」
藍は不安になって聞いたが、「だいじょぶだよ。ま、藍次第だけどな!」と岸田はその不安を煽るように言うだけだった。

二人はビルとは別の方向へ歩いてゆくと、やがて小さなマンションの前で立ち止まった。

「おぅ、着いたぞ。ここだ」

そう言うと岸田は藍の肩を取り、手馴れた感じでオートロックを開けてマンションの中へ入った。藍は岸田に押されるようにして、ついていった。

ある部屋の前までくると、岸田はインターフォンを鳴らした。
すぐにカギが自動で解除される音がして、二人はドアの中へと入った。

「・・・遅かったじゃない!」
ヒステリックな感じの声とともに、奥の部屋から女性が現れた。この間のスタイリストだった。

hou07

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA