放課後の憂鬱 第4章 狼の目(4)

houkago

【第4章(4)】

 

(えっ? うそっ!)

藍が慌てて振り返るのと同時に、明るすぎるほどのライトが点灯した。

(あっ、まぶしいっ!)

藍は外に向かって「ちょ、ちょっとまぶしいんですけど・・」と声をあげた。が、誰の返事もない。

「ねぇ! まぶしいからライト少し落として!」

狭い部屋に自分の声だけが響いた。藍は慌ててドアノブをひねり、外に出ようとした。

(あっ、開かないっ!)

藍はやっと閉じ込められたことに気づいた。血の気が引く音がしたのが自分でわかった。

「ねぇ! 出してっ! ここから出してよぉ!」
「いやっ! だれか! お願いっ! ドアをあけてぇ!」

藍はドンドンと鉄の扉を叩き、必死に叫びつづけた。
しかしドアが開くどころか、人のいる気配すらなかった。

「あぁ、いや! 私をどうするつもりなのぉぉぉ!」

藍はしばらく叫んでいたがやはりあたりは静まり返り、藍の声だけが響いていた。

藍は叫び疲れて、黙ってしゃがみこんでしまった。と、その時、自分の体の変調に気づいた。
藍を強烈な尿意が襲い始めたのだ。それは普通の生理現象ではない。いままでに感じた事のない、凶暴すぎる尿意だった。

さっき部室で藍に出された紅茶には、利尿剤が含まれていたのだ。

「えっ? うそっ? あっ、あぁっ、あぁぁぁっ・・」

藍は下腹部に力を入れ我慢をした。我慢しようとした・・・が、それは逆効果だった。
変に力を入れると尿意はなお高まるのだった。こんな感じも初めてだった。

「あぁ! お、おしっこ! おしっこがぁっ・・・」

藍は普段では恥ずかしくて口に出せない、そんな言葉を口に出してしまっていた。
もはや藍の頭は冷静を保つことなど出来なくなっていた。

「い、いやぁ! 漏れちゃう! おしっこ漏れちゃうよぉ!・・」
「誰か! 誰か助けてぇぇぇぇ! 出して、ここから出してよぉ!」
「トイレに行かせてっ! おしっこがぁ・・も、漏れちゃうぅぅぅ!」

藍は必死に我慢し、必死に叫んだ。
誰からも返事がない。でも叫ぶしかなかった。

「先輩っ! 高科先輩ぃっ!・・・」
「お願いっ! 出して。ここから出してぇぇぇ!」

藍の尿意は限界に達していた。
そして次の瞬間、藍は絶望の声を上げていた。

「あぁ! いっいや! 出ちゃう! 出ちゃうぅぅぅぅ!」
「あぁぁぁぁぁぁっっっ・・」

藍は急いでブルマーを下ろそうと手をかけた。が、遅かった。
もはや自分で排泄を制御できる状態ではなくなっていた。
藍のブルマーの中に、藍自身の暖かい液体が止めどもなく充満していった。

hou04

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA