放課後の憂鬱  新しい仕事(2)

houkago

【第1章 (2)】

 

藍は「・・いきなり呼び捨て、感じ悪い・・」と思ったが「よろしくお願いします」と素直に返答した。
そうしているうちに所長が、仕事について話を切り出した。

「今日は早速CMの打ち合わせとテスト撮影をしてきてもらう。岸田、案内してくれ!」
「わかりました、じゃ、行こうか。」

岸田は藍の腕を掴み、藍は引っ張られるようにして連れて行かれた。出かけ際に所長が言った。

「今日のクライアントは大切なお客様だ。粗相のないように頼むぞ!」

少しおびえたような声で藍は「わかりました。」と返事をした。

藍に不安が再び訪れた。話を持ちかけてきたときの所長と、今の所長ではまるで別人のように思えたからだ。この岸田という男も恐い感じたった。
藍は岸田に、どこへ行くのかもわからぬまま車に乗せられていた。

少し走ったら車はあるビルの前で止まった。岸田が「さぁ、着いたぞ。」と藍に言った。

結構大きなビルだった。

「ここの会社のCMかなぁ?」
藍のイメージは、期待に膨らんでいった。が、それはすぐに打ち崩されることになる。

二人はビルの中に入り、受付に岸田がなにやら話すとすぐに別のフロアに通された。
そこには撮影の機材やセットが用意されていた。

「よく来てくれました。」

そのフロアで二人が待っていると、そういって白髪の男とすこし若めの長髪の男が現れた。

岸田が「どうもどうも、例のコ、連れて来ましたよ。」とへつらうように白髪の男に言った。

「思ったとおりだね。いい子だな。」と白髪の男が藍を舐めるように見ながら言った。

藍は悪い気はしなかったが、少しいやらしさを感じた。ただ「粗相のないように」と所長が言っていたのを思い出し笑顔を作った。

白髪の男が言った。
「藍ちゃんだったね。私がここの広報部長です。彼はカメラマンの吉田氏・・」

紹介をさえぎるように長髪の男が「カメラマンの吉田です。よろしく。」と藍に手を差し出した。
藍も「よろしくお願いします」と手を出すと、吉田は藍の手をぐいと引っ張って引き寄せようとした。

「きゃあ!」
藍は驚き、吉田の手を振り払ってしまった。

「こらこら、おふざけはまだ早いよ。ははは」と白髪の男が吉田をあしらった。

「ごめんね、藍ちゃん。この男はかわいい子を見ると、すぐにふざけてこうするんだ。吉田のせいで私の挨拶が遅れてしまったな。私は多田といいます。よろしく。」

藍は多田の言葉ですこし冷静を取り戻したが、まだ胸がどきどきしていた。

「よ、よろしくお願いします・・」藍は少し引きつった様子で返事をした。

「ではあっちで打ち合わせをしよう。みんな座って・・・」
多田は終始落ち着いた声で会議室のような部屋に皆を集めた。

hou03

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA