放課後の憂鬱  新しい仕事(1)

houkago

【第1章 (1)】

 

次の日、藍は朝からの仕事のため、学校を休まなければならなかった。
昨日の楽しかった放課後のことを考えると、後ろ髪を引かれる思いだった。
しかし、幼い頃から楽しいことを抑えてでも仕事をしなければいけない習性が身に付いていたためか、気持ちの切り替えも人一倍早いようだ。
藍自身、そんな性格が自慢でもあり、一方では悲しかった。

藍は先日、所属事務所を変えたばかりだ。
新しく所属することになった事務所の所長自らが、藍に目をつけ話を持ちかけてきたのだ。藍は悪い気がしなかった。
まず第一に、条件が良かった。やはり言葉は悪いが、目の前に餌をちらつかされると弱い。

しかしそれよりも、今までいた事務所に妹の「秋」が入ってきたことが本当の理由だった。
藍は姉でありながら、秋に対して対抗意識を燃やし続けてきた。

芸能界で脚光を浴び、秋とは違う世界で生きていることで、秋に対して優位に立っているつもりだった。
ところが、秋がスカウトされ自分と同じ世界に入ってきてしまった。しかもよりによって、同じ事務所に籍をおいた。

藍にとってかなりショックな出来事だった。
そして家と同じように、秋がちやほやされているのを見ていられなかった。どうしても妹の方をかわいがるのは、親も、仕事場も一緒だった。

そこにこの話がきたので、藍は迷うことなく飛びついた。

「あそこの仕事はハードだよ、悪いことは言わない。断りなさい。」
元の事務所の所長が藍を説得した。
しかし藍には、自分を利用して金儲けをしようとしている嫌な大人にしか見えなかった。

「今までのようにわがままの通用する仕事はこないよ。絶対に後悔するから・・」

その言葉に藍は反発するように「後悔するかどうかは私が決めることです!」と言い切り、前の事務所を後にした。

新しい事務所になってから、今日が初仕事だった。
「ハードな仕事」と聞かされていたため少し不安だったが、勝気な性格はその不安をかき消していた。

「・・わがままなんて言った覚えないよ。でもハードな仕事って、どんなんだろ・・」

そういえば前の事務所では、写真集でも水着になることなんてなかった。

「水着になんなきゃいけないのかなぁ・・」
藍は少し抵抗があったが、そのくらい割り切ろうと決心し事務所に向かっていた。

*---

「・・おはようございます。」
藍は少し小さな声で挨拶し事務所のドアをくぐった。

「お、来たな! おはよう。」

豪快な感じの大男が立っていた。
その奥の大きな椅子には、藍に話を持ちかけてきた所長が横柄な態度で座っていた。

「俺が藍のマネージャーの岸田だ! よろしくな!」
大男はそう挨拶した。

hou03

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA