ありさ 割れしのぶ  貝紅

arisatop3

【最終章】 


ちょうどその頃、浜の方では誰かが沖に向かって大声で呼んでいた。

だが、その声は潮騒で打ち消され、俊介たちに届くことはなかった。

浜辺に立って叫んでいたのは、俊介の伯父と駐在であった。
そしてその横には、屋形の女将と男衆の北山の姿もあった。

北山は喉が張り裂けんばかりに大声で叫んでいた。

「ありさはん!俊介はん!早まったらあかんで~!!はよう、こっちへ戻って来んかい!女将はんがなあ、あんたらの恋を許すてゆ~てはるんやで~!丸岩はんもありさはんの心意気には負けたゆ~たはるんやで~!せやから、死んだらあかんのや~~!!死んだらあかんでぇ~~~!!」

しかしいくら有りっ丈の声で呼んでみても、ありさたちには届かなかった。

「これはぁダメだ。 うらぁぁはすぐに、漁師に舟をぉ頼んでくるわ! 」

浜から呼んでも無駄であると判断した駐在は、慌てて網元の元へ走って行った。

「う・・・うう・・・ありさぁ・・・」
「しゅ、俊介・・・はん・・・」

次第に薄れ行く意識の中で、ありさは俊介と出会った高瀬川でのできごとを思い浮かべていた。

「あの時はおこぼの鼻緒を・・・なおしてくれはって・・・おおきにどしたなぁ・・・。俊介はんと出会えて、うち、ほんまに幸せどしたわぁ・・・」
「ぼ、僕も・・・君と出会えて・・・とても幸せだったよ・・・。だ・・・だけど、できることなら、い、生きて・・・君を幸せにしてやりたかった・・・」
「いいえ、うち・・・今でもこうして俊介はんと寄り添えて幸せどすぇ・・・あの世でいっしょに・・・なりまひょうなぁ・・・」

死の瀬戸際と言うのに、ありさの表情には苦しみの表情もなく、実に穏やかなものであった。
やっと自由を得た歓び・・・
とこしえの愛を得ることのできた歓び・・・

ありさの瞳が閉じ、動きがピタリと止まった。
その時、ありさの懐(ふところ)から色鮮やか蛤貝が水面にポトリとこぼれ落ちた。
それは愛する俊介から貰った大事な大事な贈り物・・・

息が絶える直前まで肌身放さず大切にしていた貝紅であった。
貝紅は寄せては返す波に吸い込まれ、水中へと消えていった。


【ありさ 割れしのぶ  完】

arisa02

野々宮ありさ

 

 

shu01

shu00

shu03

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
shy468-02

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA