ありさ 割れしのぶ  最後の愛

arisatop3

【第十一章】 


「俊介はん、ちょっと待って。この薬を飲む前に、もういっぺんだけうちを愛しておくれやすな・・・」

「・・・・・」
「水の中で抱合うて、ほんで、薬をいっしょに飲みまひょ・・・」
「うん・・・わかった・・・」

二人は手を繋ぎ、浜辺をゆっくりと沖合いに向って歩き始めた。
季節はもう夏だと言うのに、打ち寄せる波が氷のように冷たく感じられた。

「あ、痛・・・」

ありさは小石を踏んだのか、少しよろけて俊介にもたれ掛かった。

「だいじょうぶ?」

ありさをしっかりと受け止める俊介。
足首が水に浸かる。
一瞬ン止まった二人だったが、また歩き始めた。
深い海に向かって。

膝まで浸かる深さで二人は立ち止まり、抱き合いくちづけを交した。

「ありさ、君を幸せにしてあげられなくてごめんね・・・」
「なに、ゆ~たはりますんや。うちは、俊介はんに巡り会うて幸せどすぇ・・・」

ふたりは頬を寄せ硬く抱き合う。
息も詰まるほどの濃密なくちづけ。
俊介は目を閉じて、ありさのふくよかな胸の膨らみをてのひらで味わった。
そしてその感触を永遠の記憶の中に刻み込んだ。
死出の旅・・・いや、そうではない、あの世でともに暮らすのだ。
ありさは心にそう誓った。

「あ・・・ああ、嬉しおす・・・最後まで俊介はんに愛されて、うち嬉しおすぅ・・・」
「ありさ・・・君が好きだ・・・君がいとおしい・・・」

俊介はありさの襦袢の裾をかき分けて、愛らしい亀裂を指でなぞる。

「あああぁ~・・・、俊介はん・・・うち、好きどす・・・あんさんが好きどすぅ・・・」

(グチュグチュグチュ)

ありさの亀裂はほんのりと熱を帯び、早くも甘い蜜を滴らせ始めた。

二人は抱合ったまま、水の中に腰を沈めた。
冷たい水の中であっても、俊介の熱した鉄柱のような感触はあの日と同じだ。
そう、蛸薬師で愛し合ったあの日と・・・。

ありさは腰を沈めた。
身体の奥に俊介の熱くなったものが食込んでいく。

「はあぁ~~ん・・・、俊介はん、これが、これがうちらの最後の愛なんどすなぁ~?」

ありさの目頭からは止めどもなく大粒の涙が溢れ出した。
俊介の頬も涙が光っていた。

「そうだよ、これが二人にとってこの世で最後の愛だよ。でもね、死んでからも二人はずっといっしょだよ」
「俊介はん、そうゆ~てくれはって、うちすごぅ嬉しおすぇ~。あの世でもうちをずっとずっと愛してくれはりますなぁ?」
「もちろんだとも。ずっとずっと君を愛してる・・・永久に君を愛してる・・・」

俊介のものは恐ろしいほど硬く大きく怒張し、ありさの蜜壷に深く収まった。
俊介は激しく腰を揺さぶる。

「ああぁ~・・・俊介はん・・・す、すごおすわぁ~・・・あっ、ああっ・・・」
「あ、ありさ、僕もすごくいいよ・・・」

俊介はズボンのポケットから濡れた瓶を取出した。

「ありさ・・・後悔しないね・・・いいんだね・・・?」
「へぇ、うち、後悔なんかしまへん・・・俊介はんといっしょやったら・・・」
「じゃあ・・・」

俊介は瓶の蓋を開け、てのひらに量の約半分を取り出し、ありさの口に含ませた。

「俊介はん、短い間やったけど、楽しおしたぇ~・・・俊介はん、さいならぁ・・・・・」

(ゴクリ・・・)

「あ、ありさ~~~~~~~~~~!!」

俊介は大声で叫びながら、自らも残った半分を口の中へ放り込んだ。

「ありさ・・・僕のために許して・・・僕とめぐり合ったためにこんなことになってしまって・・・」
「そんなことあらへん、そんなことあらへん、うちは俊介はんと巡りおうて幸せどしたぁ・・・・」
「それじゃ、ありさ、あの世でもう一度逢おうね・・・さようなら、ありさ・・・」

(ゴクッ・・・)

「しゅ、俊介はん!!」
「ありさ・・・」

arisa01

野々宮ありさ

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

p006

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA