ありさ 割れしのぶ  越前の浜辺

arisatop3

【第十章】 


ありさと俊介が駆け落ちをしてから1ヶ月の時が流れた。

越前海岸で料理旅館を営む伯父の一平宅に身を寄せた俊介とありさは、伯父の世話に甘んじることを極力避け、二人して一生懸命働いた。
俊介は海産物の卸問屋に勤め、ありさは伯父の旅館を女中奉公して汗を流した。

そんな折り、街の駐在がやって来て伯父の一平に尋ねた。

「本村さん、元気でやってるんかぁ。 おめぇの甥の本村俊介さんちゅ~のはぁ、こっちゃに来てぇましぇんか? もしも、来てぇもたら教えてんで 」
「やあ、駐在さん、ご苦労さんですってぇ。 う~ん、俊介けぇ? 久しく会ってねぇ~ね」
「いやあ、それならいいんほやけどぉね」
「俊介が何ぁんぁしでかしたんやってかぁ? 」
「いやいや、何でもぉ京都で、舞妓ぉを連れて逃げてるそうで。もほやけどぉおて、こっちゃをぉ頼って来てぇねぇ~かと」
「え!?俊介のやつ、ほんなもぉんことをぉ!? もしも来てぇもたら、あんなぁぁに連絡するんから」
「頼むでぇね」

二人の会話を柱の陰で立ち聞きしていたありさは、遠く離れた福井にまで捜査の手が及んでいることを知り愕然とした。

(あぁ、もう、あかんわ・・・、どこに行っても、あの執念深い丸岩はんは追っ掛けてきはるわ・・・もうあかんわ・・・)

ありさは、伯父に少し出掛けたいと告げ、俊介の働く卸問屋に向かおうとした。
その時、俊介から詳しい事情を聞いていた一平は優しい口調でありさに語り掛けた。

「ありささん、心配せんでいいよ。うらぁぁちゅ~のはぁ、おめぇや俊介をぉ絶対に匿うからぁ。間違ってもはやまってもたら、あかんよ」
「あ、はい・・・。心配をお掛けしてすまんことどすぅ~、ほんまにおおきにぃ~」

ありさが血相を変えて尋ねてきたため、俊介は職場の上司に暫しの休憩を申し出で、ありさを連れて越前海岸に向かった。

「そうなんだ・・・、警察が尋ねて来たとは・・・。もうここにもいられないね」
「俊介はん・・・」
「ん?なに?」
「俊介はん、どこに行ったかて、あの蛇みたいにしつこい丸岩は追っ掛けて来はるわ・・・」
「あの男は警察まで巻き込んで、僕たちを捕まえようとしている。ずる賢い男だ」
「もしも捕まったら、俊介はん、半殺しの目に遭わされはる・・・うち、そんなん絶対いやや・・・」
「いや、僕のことよりも君のことが心配だ。どんな仕打ちをされるやら・・・」
「俊介はん・・・」
「ん?」

ありさは悲しそうな表情で、白い錠剤の入った睡眠薬らしき瓶を俊介に見せた。
俊介は驚いた。

「いつのまにこんなものを・・・」
「どうしようものうなった時に飲も思て、用意してたんどす・・・」

ありさの瞼には今にも落ちそうな涙がいっぱい浮かんでいた。

「そうだったのか・・・、僕も君と引き離されるなら死んだ方がましだ」
「あぁ~ん!俊介は~ん~!うちかて、うちかて~、俊介はんと離れとうない~。俊介はんと離れ離れになるんやったら死んだ方がええ!俊介は~ん~!」
「ありさ・・・」

ありさはついに号泣し、俊介の胸に頬をうずめた。
堪えていた涙がまるで堰を切ったように流れ落ちた。
俊介はありさを抱きしめた。
強く強く抱きしめた。
俊介の目にも熱いものが光っていた。

「それじゃあ・・・飲もうか・・・?」
「よろしおすんか?」
「うん・・・」
「うちのために、うちのために・・・俊介はん、堪忍しておくれやすぅ~」
「いいんだ、いいんだ・・・僕はありさが好きだから・・・絶対に離したくないから・・・」
「嬉しおすぅ~、俊介はん、うち、ほんまに嬉しおすぇ~・・・」

俊介は薬瓶の蓋を開けようとした。

arisa06

野々宮ありさ

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
grren
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA