恍惚の薔薇  第7話

 

koukotu-ti 

 

 

 

【第7話】

 

その夜、理恵は帰宅するとボイスレコーダーに録音されている音声をCDにコピーした。
そして、クローゼットの引き出しから預金通帳を取り出した。
預金残高は、1千800万円を超えていた。
理恵は8年前から篠田から受け取った現金を殆んど貯蓄していた。
週に1度のエステ代とスポーツジムの年会費を差し引いても、月平均20万円は残った。

翌日の朝、理恵は篠田に電話をかけた。

「先生、風邪をひいて熱があります。今日は休ませて下さい」
「あぁそうか。わかった、お大事に……」

篠田は、あっさり返事をした。

(とりあえず、ハワイにでも行こう……)

理恵は、市内の旅行会社を訪れ、明日からのハワイ行きの切符と1ヶ月間の宿泊代を現金で支払った。
旅行会社を出ると、予め調べておいた准一の自宅に電話をした。

「もしもし、加奈?」
「……」
「もしもし、加奈でしょ? しばらく! 理恵よ」
「……あっ、あ、理恵? し、しばらく……」

加奈は自宅にいた。

「懐かしいわ!何年ぶりかしら?」
「そ、そうね、、元気?」
「私は相変わらずよ。加奈、准一と結婚したんだってね!」
「あ、うん……」

加奈の声は、上ずっていた。

「加奈、准一から聞いたでしょ? 私と准一、同じ職場なのよ」
「あ、うん、、聞いたわよ……」
「本当に偶然ね。ところで今何してる?」
「えっ? 専業主婦よ」
「じゃなくて、私今、加奈の家の近くなの」
「……」

理恵は事前に住所も調べていた。

「今からちょっと会えない? 家にお邪魔してもいいかな~?」
「あ、うん、、別に構わないけど……、でもどうして?今日仕事じゃないの?」
「私、今日有給なの」
「あ、あそぅ~、じゃあ待ってるわ」
「本当?嬉しいわ!すぐに行くからね」

10分後、理恵は加奈の家のチャイムを鳴らした。
准一と加奈の家は、市内から離れた静かな住宅地にあった。
小さな家だが、モダンで洒落た家だった。

「あ~ら!しばらく~!」

理恵は、明るく振舞った。

「あっ、理恵、しばらく、どうぞ……」

玄関は意外に広く、右側にリビングがあった。

「理恵、ちょっと待ってね、今コーヒーいれるから」
「あっ、お構いなく、すぐに帰るから」

理恵は、リビングのソファーに腰を降ろした。

「お洒落なお家ね。羨ましいわ!」
「3年前にローンで買ったのよ」

理恵は、部屋の片隅にある本棚を見た。
そこには、准一と加奈の間で微笑んでいる小さな女の子の写真があった。

「あら可愛い~!子供何歳なの?」
「……えっ、あ、今7歳よ」
「あっそ~、可愛い~、准一にそっくりね!」

加奈はテーブルにコーヒーを2つ並べ、理恵の正面に座った。

kou07

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-07
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA