恍惚の薔薇  第6話

 

koukotu-ti 

 

 

 

【第6話】

 

硬直した肉棒は、理恵の局部を睨んでいた。
既に肉棒の先端からは、挿入を円滑にするための潤滑油が滲み出ていた。

「准、准一、、挿れた~い?」
「あぁ、、う、うん、、はぁ、、はぁ、、」
「どこに~、どこに挿れたいの~?」
「えっ?、、どこって、、はぁ、、はぁ、、」
「ちゃんと、ちゃんと言って~、、はぁ、、はぁ、、どこにいれたいの~、、はぁ、、はぁ、、」
「オ、オ・マ・ン・コ……」
「え、えっ?、も、もっと、ちゃんと言って~、、だれの?、はぁ、、はぁ、、だれの、オ・マ・ン・コ?」
「え~~、はぁ、、はぁ、、理、理恵の、オ・マ・ン・コ~~」
「も、もう一度、、はぁ、、はぁ、、もう一度、言って……」
「理恵の、オ、オマンコに、挿れたい~~、、はぁ、、はぁ、、」

ボイスレコーダーは、二人の荒々しい息遣いもキャッチしていた。

「准一~、いれて~~、」
「う、うん、、い、いれるよ~~、あぁぁぁ~~~」

十分に潤っている理恵の膣穴は、挿入時の抵抗は殆んど感じられなかった。

「はぁ~~ん、、す、すご~~い、、あぁ~~ん、、」

准一の分泌液と理恵の愛液が混じり合い、結合部からの卑猥な音が部屋中に響き渡った。

「理恵~~、いい、いいよ~~、理恵~~」

准一が突き上げる度に、理恵の乳房が上下にゆさゆさ揺れる。
准一の腰は3回に1度、深く突き上げた。

「はっ、はっ、うぅ~~ん、、はっ、はっ、うぅ~~ん、、」
「あっ、あっ、はぁ~~ん、、あっ、あっ、はぁ~~ん、、」

理恵の蜜壷からは止め処なく愛液が溢れ、シーツは濡れそぼった。

「准一~~、、どお~? 気持ちいい~~?」
「あぁ、、いい、気持ちいいよぉ~~、、」
「ど、どっちがいい~~?」
「えっ~~? ど、どっちって~~?」
「か、加奈のと、加奈のオマンコと~~?」
「えっ~~?、あぁ、、理、理恵の方が、、いい、、」
「も、もっと、もっとはっきり言って~~」
「あ、うぅん、、理恵の、理恵のオ、オマンコの方が、いいよ~~」
「准一~~~、嬉しい~~~、、あぁ~~~」

既に准一と理恵は、快楽の絶頂を迎えようとしていた。

「理恵、、理恵、、理恵、、はぁ、、はぁ、、はぁ、、」
「准、准一~~、、わ、私、、も、もぉ~~ダメ~~、、」
「僕も、、僕も、ダメ~~、う、う、う、、あっ!で、出るぅ~~」
「出るぅ~? 出るのぉ~? 出してぇ~!」 

准一のピストン運動は、激しさを増した。

「い、いくよ~~、、理恵~~、いくよ~~」
「きて~~~、そ、そのまま出して~~~~~」
「えっ?、、あっ、う~ん、あっ、あっ、あ~~~、いくぅ~~~、あぁぁぁ~~~~~」
「私も、私もいくぅ~~~~~、あぁぁぁ~~~~~」

射精を待ち望んでいた大量の精液は、理恵の子宮の最深部で噴射された。

kou06

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-06
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA