恍惚の薔薇  第5話

 

koukotu-ti 

 

 

 

【第5話】

 

理恵は、准一と共に事務所に戻ると、手短に書類を整理して准一よりも一足先に事務所を出た。
公園に着いた理恵は、バッグの中のボイスレコーダーのスイッチを入れた。

10分程待つと、准一が到着した。

「すぐそこにホテルがあるわ。ラブホテルなんて久々でしょ?」
「あ、あぁ、独身以来初めてだよ」

バッグに忍ばせているボイスレコーダーは、既に作動している。
理恵は、准一になるべく数多く問いかけた。

二人はホテルの部屋に入ると、交互にシャワーを済ませ、ソファーに座った。

「何か飲む?」
「じゃあ、シャンパン……」

理恵は、テーブルにグラスを2つ置いて、シャンパンを注いだ。

「乾杯しましょ?」
「えっ?」
「二人の再会に乾杯よ、ふふふ……」

二人は、グラスを掲げ乾杯した。

「理恵、本当に綺麗になったね」
「そんな事ないよ~」
「とても魅力的だ!」
「え~、加奈だって美人じゃん!」
「今日は、加奈の話はやめよう……」

時折准一の視線は、理恵の胸元に向いていた。 

30分程会話を交わした後、理恵はソファーを離れベッドに横たわった。

「准一、こっちに来て」

准一はゆっくり立ち上がり、理恵に寄り添った。

二人は熱いキスを交わし、理恵は自らガウンを脱ぎ捨てた。

「今でも私、准一を愛してるわ!」
「僕もだ!」

准一は、理恵の豊満な乳房に顔を埋め、貪る様に愛撫をした。

「あぁぁ……」

准一は、片手では収まり切れない理恵の乳房を鷲づかみにして、乳首の先端にキスをした。

「あぁ……、、准一、、」

准一は、理恵の表情を確かめながら愛撫を続けた。

「あぁ、、も、もっと、もっと愛して、あぁぁぁ~~、」
「理恵~、、理恵~、、」

准一の愛撫は、徐々に理恵の下半身に向かった。

「准、准一~、は、恥ずかしい~、、」

既に理恵の愛液は、子宮では収まり切れず、陰唇から滲み出ていた。
そして准一の愛撫は、密林を掻き分け、理恵の陰核を捉えた。

「あっ、あ~、そ、そこは………」

准一は、理恵の陰核を弄ぶ様に舌で愛撫した。
そして、愛液が溢れそうになっている左右の陰唇を指で押し広げた。

「ぃ、いや……、だ、だめ……、」

開口された陰部は、防波堤を撤去されたため一気に愛液が溢れ出た。

「理、理恵~~、す、すご~い!、理恵~~」

准一は、ボイスレコーダーの存在など知らず、溢れ出た理恵の愛液を音をたてながら舐め続けた。

kou05

 

 

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-05

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA