恍惚の薔薇  第4話

 

koukotu-ti

 

 

 

【第4話】

 

二人は安西建設の経理担当者から書類を受け取ると、すぐに車に戻った。
理恵は、担当者に准一を紹介する事すら忘れていた。

(加奈、このままあなただけを幸せにさせない……)

理恵は、冷静さを取り戻していたが、准一を奪った加奈への憎しみは消えなかった。
そして理恵は、近くの公園に車を止めた。

「准一、さっきはごめん」
「ううん、気にしてないよ」

准一は首を横に振りながら答えた。

「でも、一つだけ教えて。8年前、准一と加奈に何があったの?」
「……」
「お願い、教えて!」

理恵の口調がやや強くなった。

「8年前のある日、突然加奈から電話があったんだ。ちょっと相談したい事があるって……」

准一は、俯いたまま語り始めた。

「そして、スナックで待ち合わせをして、加奈の失恋話を聞かされたんだ」
「それで?」
「加奈は、だいぶ酔っている様子だったけど、僕にどんどん酒を勧めてきた……」
「飲まされたの?」
「うん」
「そして?」
「気が付いてみたら、加奈のマンションのベッドで寝てたんだ」
「……」
「それだけで加奈を愛してしまったの?」
「違う!」
「じゃあ、どうして?」
「妊娠した」
「えっ?」
「その夜の加奈との……」
「もう言わないで、わかったわ……」

加奈は、その夜の准一との行為で妊娠し、准一は責任を感じて加奈と結婚したのだ。

「子供は何人いるの?」

理恵は、妙に冷静だった。

「一人だけ」
「加奈と結婚して、今は親子三人で幸せに暮らしてるのね」
「……」

理恵は、准一を奪い去り自分だけ幸せに暮らしている加奈が許せなかった。

(加奈に復讐してやる……)

「准一……」
「何?」
「もう、私の事は嫌い?」
「……」
「今日一日だけ、8年前に戻ってみない?」
「どういう意味?」

理恵は、准一のズボンのファスナーに右手を置いた。

「私を抱いてみる?」

理恵は、准一の右手を取り、自分の内腿に導いた。

「仕事が終わったら、この公園で待ってるわ」

理恵の准一への思いは、憎しみに変わりつつあった。

kou04

 

 

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-04

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA