恍惚の薔薇  第3話

 

koukotu-ti 

 

 

 

【第3話】

 

理恵の肉体は、篠田に征服されていた。
篠田は、親子以上に年の差がある理恵を、20歳の時から自分色に染めてきた。

(この女は、絶対誰にも渡さない……)

理恵はそんな篠田の存在に、嫌悪感があった。

(そろそろ篠田との関係を清算したい。このままでは自分が駄目になってしまう……)

しかし、理性とは裏腹に28歳の熟れた理恵の肉体は、篠田を求めていた。
理恵は悩んだあげく、篠田会計事務所を辞めようと思っていたのだ。

そんなある日、篠田の亡き友人の太田二郎に雇われていた元従業員の5人が事務所に訪れた。

「みんな聞いてくれ。先日話をした太田会計事務所の元従業員の方々だ。明日から出勤だから、宜しく頼む!」

篠田が意気盛んに言った。

(どうせこの人達とは、そう長くは付き合わないのだ……)

理恵はそう思いながらも、顔をゆっくり上げた。

その瞬間、理恵は驚愕した。
その5人の中に、元恋人の高村准一がいたのだ。

(どうして准一が……)

驚いたのは、准一も同じだった。
准一は目を見開いたまま、じっと理恵を見ていた。
そして理恵は、准一はかつて公認会計士を目指していた事を思い出した。

(准一……)

理恵は、まるで夢を見ている様だった。
篠田は、一人ひとり紹介すると腰を降ろした。

翌日の朝礼で、新人従業員の5人は篠田から顧客名簿を受け取り、それぞれの担当が命じられていた。

「え~と、高村君は、三島さんと一緒に、安西建設を担当してくれ」
「えっ……」

あまりの偶然に、理恵は言葉を失った。

「三島さん、今日は安西建設に行く日だろ? 高村君と一緒に行ってくれ」

何も知らない篠田が、平然として言った。

「あ、はい……」

1時間後、安西建設に向かう理恵の車の助手席には准一が座っていた。

「ホント偶然ね……」

沈黙を打ち消すかの様に、理恵が問いかけた。

「うん、驚いたよ」

理恵の脳裏には、8年前の苦い思い出が蘇ってきた。

「准一、あれから何してたの?」
「……」

理恵は嫌な予感がした。

「もしかして、加奈と……?」

理恵は、准一の左薬指のリングを見て愕然とした。

「加奈と、加奈と結婚したのね……」
「ごめん、君と別れてから3年後に……」

理恵は8年前に准一と別れてからは、一切の交友関係を絶っていた。
同窓会など、准一と加奈が現れる席にも近づかなかった。

理恵の頭の中は、驚きと悲しみが混在していた。

「理恵、綺麗になったね……」
「……」
「理恵、本当にごめん……」
「いまさら聞きたくないわ!」

理恵の目には涙が滲んでいた。

kou03

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-03 (1)
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA