援交ブルース 第2話

enkoutop

【第2話】


すぐに穴をいじくったりしないで、周りからゆっくりと攻めて来た。さすがに若い男の子と違う。

(あぁん……)

感じやすい私は、もうそれだけで身体が熱球のように火照りはじめていた。

(あぁん、もうアソコ濡れてるぅ……)

特にクリの皮を丁寧に剥かれた瞬間、思わず「キャンッ!」って犬のような声を上げてしまった。

「はっはっは、あさりちゃんのピンクチェリーが顔を覗かせたよ。意外に大きいね」

おじさんは喋りながらでも、手はちゃんと動かしている。
剥き出しにされたクリをおじさんは優しく揉み始めた。

「はふ~ん……あぁ、ダメェ、そんなことしちゃいやぁ~……」
「ほう、もうよだれが垂れ始めているよ。そんなにいいのかい?それじゃ穴のしまり具合はどうかな?」

おじさんはそう言いながら、私の一番大切な場所に指をズブリと挿し込んだ。

「あああっ!そんな~!」

太い指に私の粘膜がグジュっと絡みつく。
狭い穴を分け進むように指は奥へ入って来た。

「あさりちゃんのここ、すごく締まりがいいね。ははは、指がちぎれそうだよ」

少し奥まで押し込んで一旦止まったと思うと、今度は途中の壁をこすり始めた。

「ははは、ここ、コリコリしていい感じだね。しっかりと擦ってあげるからね」
「ああっ!ああぁ~!やん、やん、そこをそんなに擦らないでぇ~!ああぁん!」
「ふふふ、気持ちいいかい?」
「はぁ、はぁ、はぁ……、あぁ、あぁ!いい、いい!あぁ~ん、すっごく気持ちいいっ!」
「そうかい、そうかい、それじゃもっと気持ちのいいことしてあげるよ。ふふふ……」

おじさんって性急じゃないし、ひとつひとつの動作が丁寧なんだけど、何か粘っこい。
それでいて、もっとされたいような、逃げ出したいような、おかしな気分。
指を入れて掻き回されるだけでも、すごく感じているのに、おじさんはもっとすごいことをして来た。

(ペチョッ……)

おじさんは、突然、私のアソコにキスをした。

「あ~んっ……」

(ピチョピチョピチョ……)

「あぁ、あぁ、あぁ、あああ~……」

おじさんは舌まで挿し込んで、私の割れ目を舐めはじめた。

「あぁん~!ああ、すごいっ!」

(ピチャピチャピチャ~)

「ううう……あさりちゃんのオマ○コ、すごく美味しいよ~、ううう……おじさん、もうたまらん!」

おじさんは唇をアソコにまるで吸盤のようにくっつけて、むしゃぶりついて来た。

(フンガァ、フンガァ~……ベチョベチョベチョッ……)

おじさんの鼻息がすごく荒くなっている。

「あっ、あっ、いやっ!そんなあ~、ひい~っ、ひゃあ~!そんなに強く吸わないでぇ!」

おじさんのキスってすごいんだもの……私、感じ過ぎちゃって、お汁が止めどもなく溢れたの。
おじさんはそのお汁を美味しそうに品の悪い音を立てて吸い続けた。

(ジュルジュルジュル……チュ~チュ~チュ~……)

時々クリトリスの皮を拡げて、舌の先っぽでレロレロと舐められた時は、気持ちが良すぎて泣き出しそうになってしまった。

「ひぃ~~~~~!やんやんやんやんやん~~~っ!」
「ふうふうふう……う、美味い……ふぅ、フンガァ~フンガァ~……(チュルチュル~)」
「ダ、ダ、ダメェ~~~~~!はぁはぁはぁ、わ、私、おかしくなっちゃう~~~!」
「う、美味い……あさりちゃん、う、美味い……若い子のオマ○コはホントうまいね~(ぜぇぜぇ……)」

(若ければ誰でもいいのかよ~!ったくもう……でも気持ちよくしてくれてるから大目に見ようかなぁ……)

(ジュルジュルジュル……)

「ひぃぃぃぃぃ~~~~~!」

おじさんの巧みなクンニについ堪らなくなくなってしまって、私はベッドの上で腹ばいの格好で潰れてしまった。
だけど、おじさんのクンニは終わらない。
私のお腹を持って、潰れた私を起こしに掛かった。
そしてまたアソコばっかりキスの雨。
私がギャ~ギャ~と喚くから、一層面白がって、執拗にしゃぶりついてくる。
おじさんのキスのせいで、私のアソコから溢れた蜜は、太股を伝ってシーツまで濡らしてしまった。

(前に付合ってた彼とは全然違う……年輩の人ってみんなこんなに上手なの?外見はちょっとキショいけど、テクは抜群~あぁ、どうしよう……)

本音を言うと、気持ちは拒んでいるんだけど、身体はおじさんに素直になってしまってる。
アソコをしゃぶられて、身体がジンジンしてきた。
甘ったるい痺れとでもいうのか……。

(あぁ……私、困っちゃう……)

見知らぬおじさんにお尻を剥き出しにされて、女の子の一番大事なところを舐めまくられている。私って、今、すごいことをされているんだ。

ジンジンしてきたアソコは何かをとっても欲しがってるみたい。

(あぁ、いけないわ……)

「んんっ、んっ、ああ…………」

私いったい、どうなっちゃうんだろう。
おじさんとは今日はじめて会ったばかりなのに。

前の彼とはそれなりに色々と経験はした。
抱っこされるのは嬉しかったけど、エッチは痛いばかりで、気持ちよかったのはほんの少しだけだった。
でも彼の前では「すごくいいわ~」なんて演技をしてしまった。
だって一生懸命がんばってくれてる彼に悪いんだもの。

身体がジンジン痺れてくるって、初めて体験するような気がする。

enk02

shu01

shu02

shu03

 
toukou02
 
toukou
 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
grren
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA