人妻美穂と美大生 濡れた花弁

 

miho-ti 

  

 

【第9話】


彼はお世辞にも上手とは言えなかったが、とても丁寧に愛撫してくれた。

首筋、脇の下、おなか、裏返して背中、太腿、さらには足の指1本まで丁寧に舌は這った。
そして彼は私の背後から両手でパンティに指をかけ脱がし始めた。
自分で脱ぎたいと彼に告げた私は、自身でパンティを下ろした。
全裸になると待っていたかのように彼は私を抱きしめ唇を求めてきた。
私の唇をこじ開けるように彼の舌が滑り込んできた。
次第に上気した私は彼に負けじとこちらからも舌を入れた。
激しい求め合うふたり・・・
まもなく彼は両手で私の両脚を広げあそこをやさしく撫で始めた。
執拗にクリトリスをいじられているうちに、私は激しく昂ぶり電流が走り抜けたかのような感覚に陥った。
指はクリトリスから花弁へと移動した。
絶えず動く彼の指が花弁をかき廻しグチョグチョと恥ずかしい音が響くうちに、いつしか私はぐっしょり濡れていた。

たっぷりとそして丹念に愛撫を続けた彼は、すくっと立ち上がるとトランクスを脱ぎ裸になった。
目の前で見た彼のペニスはとても大きくて元気に反り返っていた。
怒張した先端からは早くも半透明の液体がわずかではあるが滲み出していた。
彼のモノを見た瞬間、夫以外のものを受け入れることへの躊躇いはあったが、ここまで来くればもう後戻りはできないと思った。
彼が「奥さんの口でお願い・・・」と言ってきたので、私は怒張したモノを握り口に頬張った。
私がしゃぶる姿を斜め上から眺めて、「そこすごく気持ちいい」とか「奥さん、いやらしいなあ」などとつぶやきながら私の髪を撫でてくれた。
数分もしないうちに彼は声をうわずらせ「ううっ・・・奥さん、凄くいい!うっ~、イク~!」と叫びながら私の口内へ液を放出した。
かなりの量だったけど「奥さん全部飲んで」という彼の言葉に、どういう訳か私は素直にゴクゴクと喉を鳴らしながら飲み干した。
液体はドロリとしてとても生臭く思えた。

「今度は奥さんのモノを俺が舐めてあげるよ」

と言いながら、彼は私の太股を広げ、恥ずかしい箇所に顔をうずめた。
すでにびしょびしょに濡れた私の秘所を、まるで軟体動物のような舌が這い回りました。

「奥さんのクリトリス、ピンク色していてきれいだね」
「いやぁん、恥ずかしいから見ないで・・・」
「奥さんもうグショグショに濡れてるじゃないか。スケベーだね」
「いやぁ、そんなこと言わないで・・・」

(ペチャペチャペチャ・・・ペチャペチャペチャ・・・)

私は感じ始めると彼の頭を両手で抱え、信じられないことを口走っていた。

「お願い、焦らさないで・・・・・・お願い・・入れて・・・・・・」

彼は私の望みを分かっているくせに、わざと「何を入れるの?」とか「どこに入れるの?」などと意地悪な態度をとった。

miho0009

shu01

shu02

shu03

 
 
toukou02
 
toukou

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
gray
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA