人妻美穂と美大生 予期せぬ代償

 

 miho-ti

  

 

【第3話】 


「謝ってくれたって、絵はもう元には戻らないんですよ!」

「謝って済む問題じゃないですけど……でも……本当にごめんなさい……許してください……」

管理人はその場に居づらくなってきたのか、まもなく「とにかく両者でよくお話合いください」とだけ告げて部屋から出て行った。
修繕業者も「配管や風呂場の防水に問題が無いのでこれで失礼します」と言って管理人の後を追いかけるように帰って行った。
原因者は自分であり被害者は階下の美大生なのだから、管理人や業者は損害賠償の交渉に介入するわけには行かない訳だから、早々と帰ってしまったのも仕方がなかった。

私は小野原に散々愚痴られ平身低頭して謝りつづけた。
油絵なら多少は水をはじくのだが、運悪く水彩画だったためかなり絵の具が滲んでいる。
乾いてもおそらく跡形が残るだろう。
家財道具であれば金額の高低はあるものの、金銭で弁償するか買い換える方法だってある。特に衣類であればクリーニングで済むものもあるだろう。
ところが、小野原が海外で描いたという絵はいったいどうすれば良いのだろうか。
金銭で弁償する方法しか浮かばなった私は小野原に提案してみた。

「小野原さん、お金で済む問題じゃないことは分かっていますが、その絵を弁償させていただけないでしょうか」
「弁償?冗談言わないでください!そりゃ俺は貧乏な学生ですが、金でかたがつく問題じゃないですよ!」
「そんなつもりで言ったのでは……」

金銭補償を提案をしたことがかえって小野原の気分を害してしまったようだ。
私は後から「しまった」と思ったがすでに後のまつりだった。

私は途方に暮れてしまった。

「お気を悪くさせてしまって申し訳ありません。ではどのような方法で絵の償いをすれば良いのでしょうか……」

万策尽きた私としてはそう切り出すより他になかった。
すると小野原から意外な答えが返ってきた。

「この絵はもう諦めます」
「えっ……?」

小野原の思いがけない潔い返答に私はほっと胸を撫で下ろしたのだが、それもつかの間、その後に続いた彼の言葉に私は愕然とした。

「その代わり……」
「はい……」
「その代わり、奥さんのヌードを描かせてください」

突拍子もない小野原の申し出に私は思わず言葉を失ってしまった。

「えっ?なんですって!?私のヌードを……ですか?」
「嫌ですか?」
「……」
「どうなんですか?」

私が返事に窮していると小野原は繰り返し回答を迫った。

「確かに絵を濡らしてしまったのは私の不注意からです。それは認めますし心よりお詫びします。だからといってヌードになれって……それはあんまりです……私、困ります……」
「そんな都合の良い話はないんじゃないですか?奥さん、絵を濡らしたことを本心からすまないと思っておられるのなら、口だけじゃなくて態度で示してくれてもいいんじゃないですか?僕は奥さんにエッチなことをするつもりなど毛頭ありません。ダメになってしまった絵の代わりに1枚描きたいだけなんですよ。きれいな奥さんをモデルにして……」

『きれい』と言われて気分を害する女性はいない。
褒め言葉は女心への柔軟剤になるのかも知れない。
私は小野原のさりげない一言に思わず心を動かされてしまった。

「そこまでおっしゃるなら……」
「えっ?いいのですか!?」
「はい、承知しました。絵を濡らしたのは私ですし、その償いはしなければなりませんから……」

その日は結局水漏れ後の清掃や後始末に終始し、明日の午前10時に再度小野原の部屋を訪問する約束をした。

翌日、出勤の夫を見送り、洗濯も済ませた私は、約束の時刻に下階へ向かった。
近所の目も考慮して衣服は普段着のカットソーとデニムスカートを着用することにした。

小野原の部屋は真下の13階だ。
私はわざとエレベーターを使わず人の少ない階段を利用した。
階段を下りる脚が心なしか震えている。

miho03

 

 

shu01

shu02

shu03

 
 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
p006
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA