ありさ ブルースネイク  第14話

 

 blue-ti

 

  

【第14話】


瞳を閉じると瞼に浮かぶのは雅治の優しい笑顔だった。

(雅治・・・あたし、もうダメだよ。あなたの元にはもう戻れそうもないよ・・・身も心ももうボロボロ・・・)

ありさの目頭から涙が伝った。

その頃、雅治はありさの携帯に何度も通話を試みていた。しかし留守電のメッセージが繰り返されるばかりであった。
当然マンションへも何度も電話してみたが一向に出なかった。

雅治は取りあえず、ありさが住むマンションに向かった。
だが部屋の灯りが消えており帰った形跡がまったく無かった。

(これはおかしい・・・ありさの身にきっと何かあったに違いない。すぐに手を打たないと・・・)

雅治はすぐに最寄りの警察署に出向き事情を話した。
最初は若い刑事が1人で対応していたが、途中から貫禄のある年配の刑事が加わった。

「警部の山元です。もう少し詳しくお話しいただけませんか」

警察はこの事件をかなり重要視しているようであった。
雅治は包み隠さず事の次第を一部始終伝えた。
その間、刑事は真剣な眼差しで雅治の話に耳を傾けていた。

「事情はよく分かりました。ありささんは彼らに拘束されている可能性が高いですね。実は彼ら暴走族『ブルースネイク』は、暴走族がらみの事件だけにとどまらず、数多くの刑事事件を起こしているのです」
「それはどのような?」
「婦女集団暴行事件です・・・」
「え、本当ですか!?」
「はい・・・ただちにありささん救出に向かいます」

警部は雅治の気持ちを察してか、あるいは警察ではあまり使用しない言葉なのか『強姦』という言葉の使用は避けた。
婦女暴行とは女性に対して性行為など淫らな行為を強制し力で相手を抑圧する行為のことを指し、強姦と比べるとはるかに広い意味を表す。また、婦女暴行は強姦や強制わいせつを置き換える言葉であり、新聞等の報道で用いられるのもほとんどこちらである。

雅治はありさから彼らのアジトを聞いていたので、その所在地をすぐに警察に伝えた。
早速多くのパトカーが現場に急行した。

パトカーの後部座席で腕を組む山元警部は悩んでいた。
もしかしたら証拠が乏しく警察として大失態を演じるかも知れない。
だが、雅治には話さなかったが、山元警部の脳裏には『ありさという女性は間違いなく彼らに監禁されている。しかもレイプまでも・・・』という確信があった。
それは雅治が持参したありさの写真を見て、一層確信を深めたものであった。
警部が過去幾多の刑事事件を担当してきて、レイプされた女性は偶然にも美女が多かったのだ。

(思いたくはないが、ありささんもおそらく彼らの魔の手に・・・)

被害者の共通項が『美女ばかり』などとは、警察が発表できる事項ではなかったし、調書にそのような記述すらできなかったのだ。
しかし、そんな事実は担当警部の記憶には深く刻みこまれていたのであった。

皮肉にも山元警部の勘は当たっていた。
踏み込んだ彼らのアジトから、ボロ布のようになったありさが見つけ出された。
ありさはすぐに病院に運ばれ手当てを受けた。
全身を丹念に検査された結果、膣内や肛門等数個所に裂傷が見つかった。
また複数の男性の精液が検出されたが、幸いにも妊娠していないことはのちに判明する。
雅治は病院の待合室で、検査が終わるのをじっと待っていた。

arisa_003

shu01

shu02

shu03

 
toukou02

toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
shy468-02
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA