ありさ ブルースネイク  第12話

 

blue-ti 

  

 

【第12話】


「サム、確かお前は後の穴が好きだったな。女と致す時はいつもバックばかりだと聞いているぜ」
「ボク、マエノアナ、アマリキョウミアリマセン。デモ、ウシロノアナハダイスキデス」

たどたどしい日本語であったが、どうにか意味は理解できた。
サムはアナルマニアのようだ。

ふたりの会話を聞いていたありさの表情が険しくなった。
過去性経験はそこそこあったが『アナル』の経験は皆無と言えたし、以前からそのような性行為に嫌悪感を抱いていた。

「サブロー、サム、お願い、それだけは許して・・・あたしそっちは嫌なんだ。絶対にダメ!」
「サイショハダレデモ、イヤガリマス。デモスグニナレマス。アリササン、コワガラナクテモダイジョブデス。ソレデハ」
「ありさ、サムのいうとおりだ。大人しくヤツに任せてりゃいい気持ちにしてくれるぜ!わっはっはっは~!さあケツを高く差し出せ!!」
「やだぁ~~~~~!いや、いや、いや~~~!!絶対に嫌!!」

ありさは子供が駄々を捏ねるように激しく拒絶した。
だがサブローもサムも全く聞く耳を持たない。
サブローは嫌がるありさを自分の真上で覆いかぶさらせる形に、すなわち『伸ばし茶臼』の体位に切り替えた。
尻が後に突き出た格好だ。
これであれば、前門と後門の『二丁掛け』が可能となる。
サブローの太い腕ががっしりと背中に巻き付いてきたため、ありさは動きが取れなくなってしまった。
もちろんサブローの肉棒は先程からありさにきっちりと挿入を果たしている。

気も狂わんばかりに泣き叫ぶありさの頭を、サムはやさしく撫でながら、ゆっくりと菊門へと指を滑らせた。

「ひぃっ!!いやぁ~~~~~!!」

サムはマッサージをするように菊門を揉みほぐしていく。

まもなく何やらクリーム状のものを取り出して菊門に塗り始めた。
おぞましさで身も震えた。
たっぷりとクリームの付着した指は菊門へと沈んでいく。

「うう・・・うううっ・・・」

内部を掻き回われる不快感に、ありさは思わず叫び声をあげた。

「いやあ~~~!!もうやめて~~~~~!!」

サムは動じない。
指による蹂躙は数分に及んだ。

「サア、アリササン、ボチボチイレヨウカ。サイショダケ、チョットイタイケド、ガマンシテクダサイネ」

サムは最初情けないほどに萎んでいたモノが、ありさの菊門を愛撫しているうちに激しい怒張を見せていた。
ありさの角度からは幸い見えなかったが、もしも彼女が目にしていたなら気絶していたかも知れない。
それほどにサムのそれは大きく立派なイチブツと言えた。

後ろに双臀を突き出した格好は、次章への布石であった。
少しでもサムが挿入しやすいように、サブローが準備を整えていた。
サムは水密桃のようなありさの臀部をしっかりと抱えた。

そして尻の割れ目の中央に息づく菊門目掛けて鉄槌を押し込んでいく。

(ググググ・・・)

「ひぇぇぇぇぇ~~~~~!!ぎゃぁ~~~~~~~~~~~!!!!!」

arisa_001

shu01

shu02

shu03

 
toukou02

toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
p007
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA