ありさ ブルースネイク  第6話

 

blue-ti 

 

 

【第6話】


リーダーのお墨付きが出たとあって、男たちは嬉々として一斉にありさへと群がった。

「きゃぁ~~~~~!!」

いち早くありさの肌に触れた男の指はまっすぐに秘所へと伸びた。
濡れてもいない亀裂に指を挿し込まれ掻き回されたありさは不快感に顔を歪める。

「い、痛いっ!!」

荒っぽい男の行為は愛撫とは程遠く、屈辱の中で喘ぐありさにとっては苦痛でしかなかった。

さらに、身体の至る部分に多くの男たちの手が伸びた。

「では遠慮なくゴチになりま~す!」
「これはたまらねえぜ!」
「へへへ~、しめしめ~」
「こりゃすげえや!女リーダーって吸い付くような肌してるんだ~」

(コネコネコネ・・・コネコネコネ・・・)

彼らの不快な行為も、時の経過により次第に肉体は順応して行き、やがて微かな疼きさえも芽生え始めていた。
それはありさの意思とは裏腹に、肉体だけが別の道を一人歩きをしようとしていた。

愛撫は、うなじ、乳房、乳首、背中、臀部、太もも、そして秘部へと施された。
ありさが次第に肉体を紅潮させ僅かとは言え喘ぎ声まで漏らせ始めたことで、男たちのテンションを一層高めた。
そして、愛撫は20分間にも及んだ。
また、〝バック〟に興味を持つサムの場合は、ありさの菊門に指を捻じ込み散々いたぶった。

男たちの巧妙な舌と指の前にいつしか谷間に蜜を湛えていた。
ありさの頬には悔し涙が光っていた。
蜜を滲ませ喘ぐありさの姿に、男達の興奮は頂点に達しようとしていた。

その頃、リーダーは破廉恥な光景をデジタルビデオに収めていた。

「ふふふ、ありさ、せっかくのいい場面だ。記念撮影をさせてもらうぜ。おまえの器量ならAV女優でも十分通用しそうだな。この動画を売っちまおうか?きっと高く売れるぜ~。それとも彼氏に送ってやろうか?はっはっは~」
「そ、そんなこと、絶対にやめて・・・ビデオ、と、撮らないでぇ~~~~~!」

彼氏のことに触れられたありさは激しく狼狽した。

少し話が逸れるが、『ブルースネイク』は都内でも5本の指に入るくらい大きな組織で、日本人だけでなく外人も加わった混成部隊のようなものであった。
その行動からは一見無軌道な族(やから)に見えてはいたが、彼らは彼らなりに規則があった。
脱会は基本的には認めておらず、リーダーが事情を斟酌してやむを得ないと判断した場合にのみ許されていた。
ただし脱会するためには厳しい掟が待っており、男性の場合は8時間のリンチに耐えたものだけに脱会が許され、女性の場合は8時間の輪姦に耐えた者だけに脱会が許されていた。

リーダーは「パチン」と高らかに指を鳴らした。
次のステップに進む無言の合図である。
1人の手下が部屋の隅に置いてあったバイクのエンジンを始動させた。

arisa_001

shu01

shu02

shu03

 
toukou02

toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
shy468-02
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA