ありさ ブルースネイク  第3話

blue-ti

【第3話】


今までなら、ありさに一喝されたらすぐに沈黙していた男が、今回は、怯むどころか逆にどすの利いた声でありさを威嚇してきた。

前方の男に気を取られている間に、二の矢とばかりに後方から別の男の手が伸びた。
不意を食らってたちまち羽交い絞めにされてしまったありさ。
これでは得意の拳法も使えない。

「何すんだよ~!妙なことをしたら承知しないよ~!」

ありさは振り返って、後方の男を睨みつけた。

「ふん、生意気言うんじゃねえよ、このアマが~!」

とその時、突如、布を引き裂く音が響いた。

(ビリビリビリ~~~ッ!)

今度は前方の男が隙を奪い、ありさがその日着ていた紺色のカットソーの裾からナイフをこじ入れ上に向かって切り裂いたのだった。

「きゃぁ~~~!」

カットソーは見るも無残に中央で切り裂かれ、裂けめからふくよかな乳房がポロンと飛び出した。
それはまるでたわわに実った果実がはじける様を思わせた。

その瞬間、男たちの歓声と奇声が飛び交った。

「おおっ!ありさ様のオッパイって思ったよりでっけえな~!」
「こりゃすげえ!早く揉ませてくれよ~!」
「何なら俺が吸ってやってやろうか~?」

男たちは思い思いの野卑な言葉をありさに浴びせ掛けた。

ありさは厳しい目でリーダーを睨みつけ激しく抗議した。

「リーダー、いったい私をどうするつもりなの?こんなふざけた送別会ならいらないわ!」

「ふふ、まあそう言うなって。いくらおまえでも、まさか無傷で『ブルースネイク』を脱会しようなんて思ってねえだろうなあ? もしそう思ってたならちょっと甘すぎやしねえか? もっぱらおまえの今までの功績を考えて、あまり酷いことをする気はねえけどよ~。でもさ、会には会の掟ってものがあるんだよ。皆の手前もあるしなあ。
で、考えたんだが、ここはリンチなしの穏やかな方法で送別会をしてやろうと思ってなあ。ありさ、おまえ自身も感づいていると思うが、男どもの中には『ありさ命』ってぐらいおまえにぞっこんってヤツも多くてなあ。やつらも寂しがっているだろうから、せめて最後ぐらいはいい思いをさせてやって欲しいんだよな~。ふふふ・・・頭のいいおまえならすぐに意味が飲み込めたよな?えぇ? ありさ様よ」
「くっ、下衆なヤロウめぇ・・・」
「ふふふ、もしも嫌だって言うんなら、それなりの落とし前をつけさせてもらうことになるがそれでもいいのか?その形の良いオッパイをジャックナイフで切り裂くことになるが・・・、構わないか?」

ありさは悔しそうに唇を震わせて、リーダーを睨みつけた。

「ふん、見損なったよ!このスケベリーダーが!!」

「ありさ!!てめえ、リーダーに向かって何てことを言うんだ~!!」

リーダーの横に立っていたサブリーダーらしき男がありさに殴りかかろうとした。 だがリーダーは片手を上げ無言で男を制した。

arisa_001

shu01

shu02

shu03

 
toukou02

toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
p006
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA