ありさ ブルースネイク  第1話

 

 blue-ti

 

 

【第1話】


「ありさ、彼らにもう一度会うのはやっぱりやめた方がいいと思うよ。何か悪い予感がするんだ・・・」

ベッドの端に腰を掛けてニーソックスを穿くありさを見つめながら、雅治は不安そうにつぶやいた。

「だいじょうぶだよ~。心配しないで。アイツらワルだけどさぁ、すぐに分かってくれるよ」

ありさはこの世界ではかなり有名な暴走族『ブルースネイク』に所属していた。
格式を重んじる家庭に嫌気が差し、家を飛び出した後、アルバイトで食いつなぎ細々とした生活を送っていた。
やがて知合った友人から誘われるがままに入ったのが現在の『ブルースネイク』であった。
『ブルースネイク』には女性会員が20人ほどいたが、メンバーの中でもありさの美貌は群を抜いていた。

ロングヘアをなびかせてバイクにまたがる姿は野性味に溢れ、20歳とは思えないほど大人っぽく、持ち前の美貌も手伝って、仲間の男たちからは常に熱い視線を浴びていた。言い寄ってくる男も数知れなかったが、ことごとくはねのけた。
強引に手を出そうとする男には、パンチを食らわせる等こっぴどく痛めつけたこともあった。ありさは以前少林寺拳法を習っていたこともあり、並みの男よりははるかに腕が立ったのだ。
しかしながら、周囲への思いやりがあり、後輩への面倒見がよかったことから、女性たちからは慕われていたし、リーダーからは大変信頼されていた。

そんなありさも、いつの頃からか、密かに1人の男性に心を寄せていた。
男性は車井山雅治といった。
本来、お互いに住む世界が違い、出会うことなど無かったはずであったが、仲間の女性とたまに行く盛り場のバーで偶然出会い、その後二人の仲は急速に深まった。
初めて雅治と出会った夜、ありさは友人のマミと2人で酒を飲んでいた。
だがマミが悪酔いし、急性アルコール中毒症を起こしてしまった。
狼狽するありさを見て、近くのテーブルにいた雅治が直ぐに救急車を呼び、ありさとともに病院まで同行した。
ありさとしては彼が同行してくれたことがとても心強かった。
その時からありさと雅治の交際が始まった。

当初、ありさは自分が暴走族『ブルースネイク』の一員であることは秘密にしていたが、彼を真剣に愛するようになり、苦慮のすえ意を決して正直に話すことにした。
雅治は初め驚きはしたが、ありさと付き合っているうちに、どこか普通の女性とは違う何か薄々感ずいていた。
雅治からは度々「君自身のためにも早く脱退すべきだ」と諭され、ありさは考えたあげく遂に脱会することを決意した。
だが、ありさにとってそれは大きな試練であった。
彼らには彼らの厳しい掟があり、容易に脱会できるはずがなかった。
当然ながら私刑などの洗礼を浴びることは覚悟しなければならなかったのだ。

arisa_002

shu00

shu02

shu03

 
toukou02

toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
gray

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA