性奴隷~白い快楽  第10話

 

seido-ti

 

 

 

【第10話】

 

相川の興奮も、最高潮に達していた。
男根は鋭く反り返り、藍子の腰部を圧迫していた。
そしてその先端からは、性行為を促す潤滑油が溢れ出ていた。

「社、社長、、俺、俺にも、はぁ、はぁ、俺にもやらせて下さい……」
「何じゃと! マンコはダメだ! このマンコは俺のモノだ!」
「えっ、、そ、そんな……」
「さっきの約束を忘れたのか!」
「で、でも、、俺も、俺にも触らせて下さい!」
「え~い! しつこいヤツだな! ダメだと言ったらダメだ!」
「社長、、お願いです、、」
「ぐぅぅぅ…… この若ぞうが! じゃあ仕方がない、見るだけならいいだろう!」
「あ、ありがとうございます!」

相川は、亀山からの許可を得ると素早く藍子の正面に回りひざまずいた。
そしてその瞬間、相川に委ねていた藍子の上半身は真後ろに倒れこみ、下半身のみをベッドの縁に突き出す体勢となった。
藍子の身体は、亀山からの激しい攻撃で精気を失い、開脚したまま動かなかった。

「ほれっ!見ろ……」

亀山が促した途端、相川は顔面を突き出し藍子の股間に接近させた。

「どうだ!綺麗なマンコだろ! わぁはっは~~~!」
「こ、これが、、これが先生の、、うぅぅぅ……」
「そうだ! 相川君、もういいだろう~」
「えっ…… も、もう少し見たいです、、で、できれば中も……」
「中も? うむ…… 君には呆れた、、仕方がない……」

亀山は行為を再開させた。
そして、隣で覗き込んでる相川の目前に、親指と人差し指で開口された女陰が映し出された。

「どうだ! いい眺めじゃろう!」
「あ、は、はい、、最高の眺めです、、」

相川は、唾液を垂らしながら凝視していた。
そしてブリーフの上部からは、勃起した男根が顔を覗かせていた。

「社、社長、、指を、指を挿れてみて下さい、、はぁ、はぁ、はぁ、、」
「うっしっし~~~、、、ほれっ!」

「あっ、、あぁ~~~~~」

藍子の淫声が、再びこだました。
そしてその淫声は、亀山の人差し指が円転を再開した瞬間に、激しさを増した。

「あぁぁぁぁぁ~~~、いや、、だ、だめ、、あぁぁぁぁぁ~~~」
「それっ! どうだ! これでもか!」
「ひぃ~~~~~、、いゃ~~~~~、、だめ~~~~~、、」

相川の顔面にも、愛液が飛び散った。

「せ、先生、、先生、、先生、、はぁ、、はぁ、、はぁ、、うぅ~~~~~」

相川の異変に気付いたのは、亀山だった。
相川は興奮状態に陥り、自らの男根を曝け出し自慰をしていたのだった。
唾液が垂れている口からは、慟哭のような呻き声が発せられ、頬が真っ赤に紅潮していた。
ブリーフを太股まで下げ、勃起した男根を右手でゆっくりしごいていたのだ。

「先生、、先生、、好きだ、、はぁ、、はぁ、、はぁ、、うぅ~~~~~」
「な、なんだ! 情けないヤツだな!」
「社、社長、、い、挿れて、挿れてもいいですか、、はぁ、、はぁ、、うぅ~~~~~」
「な、なんだと! このバカもん! 血迷ったか!」
「せ、せめて、、お尻、、お尻に、、お願いです、、」
「尻…?」
「は、はい、、お尻の中でいいです、、お願いです、、も、もう限界です、、」
「尻か……うぅぅぅ」
「お願いです! お願いします……!」
「よっしゃ! 大サービスだ!」

「きゃぁぁぁ~~~~~、だ、だめ~~~~~、、やめて~~~~~、、」

藍子の悲痛な叫び声が、部屋中に鳴り響いた。

相川は、すぐさま立ち上がり藍子の背後に回った。
そして、藍子の小柄な身体を軽々と持ち上げ膝の上に降ろした。

「先生、、先生、、お、お願いです、、挿れさせて下さい……」
「だ、だめだめ、お尻になんて嫌!」
「で、でも、、俺、もう無理です、、我慢できません、、はぁ、、はぁ、、ねぇ、、お願いです、、はぁ、、はぁ、、」
「やだやだやだ、、ちょ、ちょっと、、だ、だめ、、」

藍子の股間の下から突き出た男根は、真上を向いて反り返っていた。
そしてその先端からは、おびただしい量の液体が、肉棒に伝わり睾丸にまで及んでいた。

この光景を見ていた亀山は、奇妙な興奮を覚えた。
開口された女陰の直前にいきり立つ肉棒……。そして女陰の下に潜む菊門……。
亀山にとって、これまで経験した事のない何かが、ふつふつと湧き上がってきた。


女遍歴は相川より上回っている。
しかし己の肉棒と比較すると、大きさでは劣ってはいないものの、迫力では相川の方が勝っていた。
天井に向いてそそり立つ若き肉棒は、初老の男のものよりも、強硬さと威圧感が感じられた。


「挿れてやれ……」

亀山が号令をかけた。

「は、はい、先生、先生、挿れさせていただきます、、はぁ、、はぁ、、」

「……まったく、相川さんったら嫌だわ……」

藍子は観念した。
秘部に密着し、いきり立った若き肉棒の前では、拒む理由が見出せなかった。

「相川さん、お願い、、ゆっくりね、、」
「は、はい、、」

藍子は自ら腰を浮かせ相川に協調した。
そして相川は、肉棒の先端を藍子の菊門に焦点を合わせた。

「お願い、、ゆっくりね、、挿いるかしら……」

若き肉棒が、液体を滲ませながら、頑なに閉ざされた小さな菊門に密着した。
そしてその液体は、その箇所を貫通させるための潤滑油としては、十分過ぎるほどの効果を備えていた。

「ちょ、ちょっと、、ちょっと痛い、、」
「も、もう少しだ、、お、挿いる、、挿いるよ、、うぅぅぅ……」
「あ、いや、、あ、痛っ、、いや、、あ、あ、あっ!」

この時、肉棒の先端が菊門に捻じ込まれ、亀頭部分だけが体内に埋没した。

「先生、、いい、、いいです、、最高です、、」
「はぁ、、はぁ、、もう、、やだわ、、相川さんったら、、はぁ、、はぁ、、」
「先生、、はぁ、、はぁ、、い、痛くないですか?」
「う、うん、、ちょ、ちょっとね、、でも、、でも平気みたい、、」
「じゃ、も、もう少し深く挿れましょう、、はぁ、、はぁ、、」
「あっ、、は、はい、、」

sei10

この作品は、ましゅまろくらぶ 真理子様から投稿していただきました。
尚、著作権は、ましゅまろくらぶ 真理子様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
46860-10
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA